引越しの時にクレーンを使う作業があったら、費用が高くなったり作業員が増えたりしてしまいそうでちょっと心配ですよね。

できれば費用は抑えつつ、安全に荷物を運んでもらいたいけど、どうしたらいいかわからない…そんな人のために、クレーンを使った引越し作業について少し解説してみますね。

クレーン作業が必要なのはどんな場合?

引越し作業では時々、クレーンによる吊り上げを行う事があります。

とは言え、あまり日常的とは思えないクレーン使用の引越し、どんな時に行われるのか見ていきましょう。

 

エレベーターなしの集合住宅

2階以上の階の引越しで、エレベーターがない団地などの場合によく見られます。

階段の幅が狭く、なおかつコの字に曲がっている場合、大型家具などは階段を使っては運べない事が出てきます。

このような場合には、無理に階段を使うのではなく、窓やベランダからクレーンを使って搬出および搬入という方法が取られます。

 

部屋内部の階段が通れない

2階建て住宅などの部屋の内部の階段が狭く、大型家具などが通れない場合にもクレーンが使われます。

特に分解できないタイプの大きなベッド、ピアノなどの場合に使われる事がよくあります。

 

玄関を通れない

玄関の幅が狭かったり、大型家具を通過させるのに十分な広さが確保できないような場合にも、クレーンが使われる事があります。

特に集合住宅などの場合には、玄関からの搬出や搬入をあきらめ、窓やベランダからクレーンで…となるケースが多いです。

 

こうした場合にクレーンを使用して荷物を搬出・搬入するケースが多く、またそのほとんどが高層階です。

 

クレーン作業の費用や相場

引越し作業にクレーンが必要になる場合、その料金が別途加算になる事や総合的な引越し費用がとても気になりますよね。

引越し業者に依頼してあった場合で、その引越し業者がクレーンを所有していれば、別途料金が加算されることはほとんどありません。

たとえばサカイ引越センターではスカイポーター、スーパーデッキなどと呼ばれる地上7~8階までの引越しが行える高所作業車も所有しています。

一方、クレーンを所有していない引越し業者の場合は、引越し業者がクレーンを業者から借りてくる事がほとんどなので、その分の料金が発生します。

とは言え、見積もり段階でそれはわかりきっている事なので、追加料金として発生するというよりも、「引越し料金のほかにクレーン代がこれくらいかかりますよ」という提示は事前にされると考えて良いでしょう。

また、その場合のクレーン料金の相場は、だいたい2~3万円前後です。

もちろん、どのくらいの階までの吊り上げ作業になるのか、荷物の大きさや量がどれくらいなのか等にもよりますが、大体2~3万円くらいと考えて良いでしょう。

そう考えると、クレーン作業が必要になりそうな引越しの場合、自社車両としてクレーンや高所作業車を所有している引越し業者を利用するのが費用的には安く済みそうな気がしますね。

今の家にある家具類を搬入する際、どういった形で搬入したのかを思い出してみてください。

もし、搬入の際にクレーンなどを使用したのであれば、搬出する際もほぼ確実にクレーン使用になります。

 

クレーン以外の吊り上げ方法は?

引越し作業にクレーンが必要になりそうな大型家具などがある場合、クレーンを所有している引越し業者ならそれで作業を行う方向で考えてくれますが、しかしクレーンが使えない場合もあるので注意が必要です。

たとえば、クレーン作業が行えるだけの道幅がなかったり、電柱などの障害物があって安全に作業ができない場合がそれです。

その場合は最悪、人の手で吊り上げ作業が行われる事もあります。

そうなると人件費もかかりますし特殊作業になるので、費用が高くなる事は覚悟しなくてはなりません。

 

クレーン作業のみ依頼できるのはどんなところ

クレーンや高所作業車などの特殊車両を所有している引越し業者や、専門業者ならクレーン作業のみの依頼も可能です。

引越し業者以外では、工務店やピアノ運送業者などがクレーンを所有している代表的なところですね。

ピアノの運送業者ならクレーン作業はお手の物ですし、慣れているので特に問題もなくやってくれます。

また、工務店などなら搬入や搬出の障害になる建具の取り外しや取り付けもしっかりやってくれるので、安心して任せることができます。

見積もりの取り方は特に特別な事はありませんが、現場を見てもらう事が重要です。

どんな環境の部屋から運びだし、どんな環境の部屋に運び込むのか、クレーン作業に十分なスペースが確保できるか、建具の様子はどうなのか…など、口頭だけでは伝わらない部分が多いので、実際に現場を見て確認してもらうことは絶対に忘れないでください。

料金の相場は、依頼するところにもよりますが、3万円前後で済むところと、5万円程度までかかるところなどあります。

 



引越しを控えていて、まだ見積もりをとっていない、そこのあなた。引越しで損をしたくないですよね?

筆者は引越しする前に一括見積もりをしてみました。その結果にはおどろきました。

東京都内での近距離の引越しの見積もりだったのですが、最高値が53,000円で最低値が21,000円。

なんと32,000円もの差があったんです。

危うくボッタクリにあうところでした。

なので、あなたも損をしたくないなら、一括見積もりをしてみるといいでしょう。もちろん無料でできますし、最短1分で完了です。

詳しく知りたい方は下記リンクをご参照ください。

引越しで損をしないために一括見積もりをする

この記事を書いた人

越前さやか
今までの引越し回数12回の40代主婦。引越しのノウハウについては自信があります!今までの経験を駆使して、みなさんに役に立つ情報をお届けします。