家賃の払い方は、契約時に決められている場合がほとんどですが、管理会社や大家さんによってはそれにこだわらなくても良いとしてくれる事があります。 

これから始まる新生活に、とってもドキドキワクワクしているかもしれませんが、家賃の払い忘れや滞納が起こらないよう、その支払い方はしっかりと把握しておくようにしましょう。 

家賃に関するよくある質問

家賃の支払い方にはどんな方法がありますか? また、どんな方法で支払うのが一般的ですか? 自分で決める事はできないですか? 

家賃の支払い方にはいくつかの方法があります。 

  1. 口座振替(自分の銀行口座からの引き落とし) 
  2. 振込み(指定口座への振込み) 
  3. 自動送金(自分の銀行口座から自動的に送金される) 
  4. クレジットカード払い 
  5. 持参 
  6. 集金 
  7. コンビニ払い 

これらの中で最も一般的な方法が1の口座振替、ついで2の振込みと3の自動送金です。 

特に、変動費の加算が一切ない場合の支払い方法には1が適しています。 

13の区別はつきにくいのですが、銀行へ自分で行って毎月決まった日に家賃が支払われるように設定してもらうのが自動送金、不動産屋で契約時あるいは契約後に口座振替用の書類が用意され、それに記入して提出した場合が口座振替です。 

また、家賃の支払い方法や支払日を自分で指定することはできませんが、「○と○の方法があるのでどちらでも好きなほうを選んでかまいません」というように選べる場合はあるようです。 

 

家賃の支払い方法はいつ・どこで・どうやって決まるんですか? 

家賃の支払い方法は、契約以前に大家さんと不動産屋との間で事前に決定しています。 

いつ払う(毎月○日までに)、どうやって払う(振込み方など)、いくら払う(毎月の賃料)…といった内容は契約書に記載されています。 

 

家賃を手渡しで支払う事ってできますか? また、その場合のデメリットはなんですか? 

大家さんまたは不動産屋の了承のもと、可能です。 

手数料がもったいないなどの理由で勝手に手渡しに変更することはできません。 

また、保証会社利用の場合は滞納が発生した場合に備えるため、手渡しはできない事もあります。 

デメリットは、支払い遅れがあった際に気まずくなる事や、大家さんとの関係がうまく行っていない場合に負担になる事です。 

 

家賃をクレジットカード払いにした場合、手数料はかかりますか? 

家賃のクレカ払いに対応している不動産業者は現時点ではあまり多くありませんが、対応しているところも少なからずあるようです。 

手数料の負担については、基本的には不動産会社が全額負担のはずですが、中には賃借人にある程度の金額を負担してもらうなどのケースもあるようで、不動産会社の方針によって異なります。 

 

家賃の支払い方法の中で最もお得なのはどの支払い方ですか? 

手数料もかからず手間もかからず面倒が一切ないという意味では、口座振替が一番お得でしょう。 

ただ、同じく手数料がかからない前提で、家賃の支払いでもポイントやマイルがたまるという場合はクレジットカード払いが最もお得となりそうです。 

 

家賃の支払い方で最もおすすめできない方法はどれですか? 

考え方によりますが、振込みは最も損な方法なので筆者は個人的にはおすすめできないと考えます。 

ただ、毎回かかる振込み手数料の発生は、振込先と同一銀行・同一支店から振り込んだりする事で防ぐ事もできます。 

また、クレジットカード払いも手数料がかかったりポイントがたまらないという場合にはおすすめできない方法と言えます。 

 

最初の家賃はいつ払うのですか? また、普段の家賃支払日はいつですか? 

一番最初の家賃の支払いは、一般的には契約時の初期費用に含んでいる事が多いようです。 

これを「前家賃」、月の途中からの家賃は「日割り家賃」と呼んで契約時の費用に含まれているかと思います。 

契約費の初期費用に含まずにおくと、契約金を支払って入居したと思ったらまたすぐ次の月の家賃を支払う必要が出てくる場合があり、とても損をした気分になってしまう事があります。 

また、口座振替などの場合、日数がかかるので振込みをしなければならず、余計な手数料がかかるので契約時の費用に含んで一緒に支払う人が多いようです。 

また、通常の家賃の支払日は契約によって異なります。 

一般的には翌月の分の家賃を前払いで支払う事になりますので、どんなに遅くても月末までに翌月分の支払いをする形になります。 

これはクレジットカードの場合でも同じで、一般的なクレジットカードの利用代金引き落としは後払いになっていますが、家賃に関しては前払いとなっているようです。 

 

家賃の支払いが遅れてしまった場合は、待ってもらえるのですか? 

不動産屋または大家さんの方針によります。 

一般的には「1ヶ月以上賃料を滞納した場合は退去してもらう」としている所が多いようですので、逆にこれを広く解釈するとある程度なら待ってもらう事ができると受け取れます。 

ただ、保証会社利用の場合はこうした支払いの遅れが信用に傷をつける結果となるため、後々の事を考えた場合支払いは遅れない事を前提としたほうが安全です。 

 



引越しを控えていて、まだ見積もりをとっていない、そこのあなた。引越しで損をしたくないですよね?

筆者は引越しする前に一括見積もりをしてみました。その結果にはおどろきました。

東京都内での近距離の引越しの見積もりだったのですが、最高値が53,000円で最低値が21,000円。

なんと32,000円もの差があったんです。

危うくボッタクリにあうところでした。

なので、あなたも損をしたくないなら、一括見積もりをしてみるといいでしょう。もちろん無料でできますし、最短1分で完了です。

詳しく知りたい方は下記リンクをご参照ください。

引越しで損をしないために一括見積もりをする

この記事を書いた人

越前さやか
今までの引越し回数12回の40代主婦。引越しのノウハウについては自信があります!今までの経験を駆使して、みなさんに役に立つ情報をお届けします。