引越し先に自治会がある場合、加入は必須と考えるべきなのでしょうか? 

地域によっては絶対加入!のような強制的な方針を打ち出している所もありますが、中にはそういった事を負担に感じる人もいますよね。 

今回は、引越し先の自治会には絶対加入するべきなのか、その必要はあるのか等のほか、加入しない場合の注意点などについても解説してみますね。 

自治会加入必須が多いのは一戸建て

引越し先に自治会が存在している事を知った場合、その加入について頭を悩ませてしまう人もいる事でしょう。 

一般的に、自治会への加入を強く勧めてくるのは、一戸建ての場合です。 

アパートやマンションの場合、自治会加入といった制度は採用していないところも多いものです。 

そのため、集合住宅から一戸建てなどへ引越した事で、自治会加入の話が持ち上がり、困惑してしまう…といった事が起こってしまうんですよね。 

また、不動産屋によっては契約書の中で「自治会には加入する事」などの項目を設ける場合があります。 

筆者も以前住んでいた一戸建ての契約書の中に、この項目がありました。 

自治会の加入についてまで契約書内で項目が設けられていると、強制的と感じ、筆者はいやな感覚を覚えました。 

 

本来は自由なはず

先ほどの筆者の住んでいた家のように、契約書内で「自治会に加入する事」とされている以上、加入が必須条件であると理解することができるわけです。 

しかし自治会への加入は、本来は自由に選択できるもののはずです。 

同じ地域に住んでいながら一戸建てなら強制加入、集合住宅なら自由選択。 

これ自体もおかしな話ですよね。 

 

自治会加入のメリット・デメリット

自治会加入のメリットとデメリットを見てみましょう。 

 

メリット

地域でのつながりが強くなる 

その地域での周囲の人たちとのつながりが強くなります。 

共同で自治会を運営しているという意識、仲間意識などです。 

 

防犯・防災時に安心 

防犯や防災などの活動、または災害時に地域・ひとつの単位として動けるので安心です。 

また、互いに助け合えるという意味では大きな安心感となります。 

 

暮らしやすい 

地域の集団の中に自分も同じように入り込むという意味で、暮らしやすくなります。 

 

情報が入りやすい 

回覧板などが回ってくるので、地域の情報などが入手しやすくなります。 

 

デメリット

わずらわしい 

○○会がある、○○大会がある…のように、地域に密着した活動が面倒だ、わずらわしいと感じる事があります。 

しかし参加しないと仲間はずれにされたり悪口を言われる事も多くなるので負担となります。 

 

お金がかかる 

自治会費がかかります。 

地域によって金額は異なりますが、首都圏などでは月に数百円程度、地方都市などでは月に数千円というところもあります。 

 

役員が回ってくる 

順番に役員などが回ってくるので面倒だと感じる事があります。 

そこに住んでいる以上、避けられないという事が大きな負担になります。 

 

主なメリットとデメリットはこのようになりますが、ほかにも細かな問題点はいろいろありそうです。 

 

自治会に入らない場合の注意点

引越し先の自治会に入らないという選択をした場合、いくつかの注意点があります。 

 

仲間はずれ・いじめの危険性 

地域によっては、自治会に入らない事で仲間はずれにされたりいじめにあったりする可能性もあります。 

実は筆者は、周囲の嫌がらせがひどいために新年度は自治会から抜けるという選択をした経験があります。 

月に500円という会費を払っていながら、聞こえよがしの嫌味、ゴミを投げ入れるなどの嫌がらせにあい続け、この自治会に入っている意味はどこにあるのか?何の意味があるのか?と疑問に感じていたためです。 

結局、自治会から抜けてとてもすっきりとした気持ちになったことを覚えています。 

 

ゴミ置き場使用禁止の危険 

地域によっては、「自治会に入らないならゴミ置き場を利用するな」と、とんでもない注文をつけてくるところもあります。 

ゴミ置き場の掃除をみんなで順番にやっているためだとは思いますが、ゴミを出すなとはあまりにも意地悪すぎると感じます。 

筆者が自治会から抜けた時は、ゴミ置き場の掃除当番だけはこれまでどおり順番でやるようにと言われ、やっていたのでゴミも堂々と出していました。 

 

地域の情報が入らない 

回覧板が回ってこないので、いつ・どこで・何がある…といった情報が一切入ってこなくなります。 

例えば自宅周辺でお祭りがある場合や地域をあげての避難訓練がある場合なども、一切の情報が入ってきません。 

もっとも、今はインターネットも普及しているので、市役所のホームページなどで確認する事は十分にできるので、必要な場合はそういった形で確認する事もできるでしょう。 

 

自治会への加入をする・しないは自分次第。でも…

引越し先の自治会に入るか入らないかは、結局自分次第なのだと言えます。 

特に契約書内で指定がない限り、本来は自分の意思で選択する事ができ、加入も脱会も自分次第なのです。 

ただ、新しく引越した先で何事もなく静かに平和に暮らしていくためには、その地域の慣習に逆らわない事も重要です。 

何もかも右に倣え…が正しいとは言いません。 

ですが、地域に混じって暮らしていく以上、ある程度その地域の特性や慣習をも受け入れながら上手にやっていく事も重要なのかもしれません。 

 



引越しを控えていて、まだ見積もりをとっていない、そこのあなた。引越しで損をしたくないですよね?

筆者は引越しする前に一括見積もりをしてみました。その結果にはおどろきました。

東京都内での近距離の引越しの見積もりだったのですが、最高値が53,000円で最低値が21,000円。

なんと32,000円もの差があったんです。

危うくボッタクリにあうところでした。

なので、あなたも損をしたくないなら、一括見積もりをしてみるといいでしょう。もちろん無料でできますし、最短1分で完了です。

詳しく知りたい方は下記リンクをご参照ください。

引越しで損をしないために一括見積もりをする

この記事を書いた人

越前さやか
今までの引越し回数12回の40代主婦。引越しのノウハウについては自信があります!今までの経験を駆使して、みなさんに役に立つ情報をお届けします。