家賃10万円の家に住みたいけれど、この年収で大丈夫だろうか、どのくらいの年収があればそれでもやっていけるんだろうか…と、いろいろ気になる事はたくさんありますよね。 

こういう家に住みたい、こういう生活がしたい、と希望はあっても年収という現実が立ちはだかっている以上、無理はできないもの。 

そこで、年収がどれくらいなら家賃10万円の生活ができるか、調べてみました。 


単身者の生活費の平均はいくら?

単身者の生活費は、家賃以外の部分だけを見るとおよそ10万円程度あればやっていけるようです。 

もちろん、外食が多い・交際費が多いなど個人差はありますが、平均的な相場を見れば家賃以外の部分では10万円もあれば良さそうです。 

ただし、いろいろなローンなどがない事が前提になっていますので、注意してくださいね。 

 

年収がどれくらいなら家賃10万円もOK

単身者の生活費の平均が10万円前後だとすると、10万円の家賃を払うつもりならそれだけで毎月20万円は出て行く計算。 

ほかのところでも紹介したように、家賃が収入の3分の1以下に抑えられるのが理想で、そしてすべての生活費を払っても10万円以上残るようなら余裕があるはずです。 

つまり、毎月20蔓延は出て行く計算なら、10万円残ると計算して手取り30万円あってほしいところでしょう。 

毎月の給料が30万円以上ある場合、年収にしたら360万円以上。 

これくらいあれば、家賃10万円の生活も決して苦にはならないといえるでしょう。 

 

年収ごとの生活費の例

仮に家賃10万円のところに、いろいろな年収の人が住んだ場合の生活の例を見てみましょう。 

 

年収350万円以上のケース 

生活にかかる費用をすべて支払っても、毎月10万円以上の余裕が残るため、外食が増えたり交友関係が広くなっていく事が予測されます。 

持ち物もブランド物など高級志向になるケースもあります。 

 

年収300万円以下のケース 

このレベルでも、生活には余裕があるはずです。 

決して生活が厳しい・苦しいという事はなさそうです。 

ブランド物で身を固めるまでにはいかないものの、ほしいものはある程度手に入れる事もできる生活レベルです。 

 

年収200万円以下のケース 

年収200万円以下ということは、月収にすると16万円前後ということになりますので、毎月の生活費の残りはないに等しいはずです。 

毎月の生活にいっぱいいっぱいで、遊びに行く余裕も外食をする余裕もないでしょう。 

家賃10万円の生活は、やめたほうが無難です。 

 

年収150万円以下のケース 

家賃10万円の生活は無理です。 

このクラスだと月収は12万円ですので、家賃を10万円支払ったら生活できません。 

家賃4万円が妥当なところです。 

 

これらを見てみると、家賃10万円のところに余裕を持って住む事ができる年収は、350万円以上です。 

また、300万円以上の場合も、月収にすると25万円ほどになるので家賃10万円の生活は可能な範囲と言えそうです。 

ただ、それ以下になると家賃が10万円の生活はほぼ無理となってきます。 

年収にして250万円を切ったところで、家賃10万円では「高い!」という感覚になってきます。 

ちなみに筆者の場合、子供と二人で生活していたとき、年収は500万円程度ありましたが、それでも家賃10万円を支払うというのには抵抗がありました。 

何をもって高いと感じるかは人それぞれですが、その10万円という家賃に大きな意義や価値を見出しているのなら、決して高くはないのかもしれません。 

 

初期費用、忘れていませんか?

家賃が10万円の部屋に住める年収だった場合でも、安易に考えてはいけません。 

引越しには初期費用という、まとまったお金が必要になるからです。 

もちろん最近はクレジットカード決済も可能になっている不動産業者が増えているので、初期費用の支払いに苦労する事も少なくなってきましたが、それでも支払いが免除されるのではなく、分割で手数料を支払いながら完済に向けていくというだけの話です。 

一般的な初期費用には 

  • 敷金 
  • 礼金 
  • 前家賃 
  • 仲介手数料 

のほか、 

  • 鍵交換代 
  • 火災保険料 

などさまざまなものがあり、家賃の金額に応じて高くなっていきます。 

通常は敷金2か月分、礼金1か月分、仲介手数料1か月分プラス消費税、前家賃1か月分と日割り分です。 

例えば920日から入居できる契約をした場合にかかる費用を計算してみますね。 

  • 敷金(2か月分):20万円 
  • 礼金(1か月分):10万円 
  • 仲介手数料   :108千円 
  • 前家賃     :9月分日割り/10万円を30日で割ると1日あたり3,333円。 

9/20からの日割り分は11日分なので36,663円。 

10月分前家賃は10万円 

そして鍵交換代はおよそ15,000円~20,000円前後。 

火災保険料は保険会社および加入するプランによって異なりますが、15,000円~30,000円の間くらいでしょう。 

これらをトータルすると、およそ60万円前後になってしまいます。 

一般的な単身者の引越し初期費用はおよそ30万円前後なので、単純に倍の値段がかかるという事がわかります。 

ちなみに2年ごとに更新がある場合、更新月には2倍の20万円支払うことになりますので、そのあたりも頭に入れておきましょう。 

 



引越しを控えていて、まだ見積もりをとっていない、そこのあなた。引越しで損をしたくないですよね?

筆者は引越しする前に一括見積もりをしてみました。その結果にはおどろきました。

東京都内での近距離の引越しの見積もりだったのですが、最高値が53,000円で最低値が21,000円。

なんと32,000円もの差があったんです。

危うくボッタクリにあうところでした。

なので、あなたも損をしたくないなら、一括見積もりをしてみるといいでしょう。もちろん無料でできますし、最短1分で完了です。

詳しく知りたい方は下記リンクをご参照ください。

引越しで損をしないために一括見積もりをする

この記事を書いた人

越前さやか
今までの引越し回数12回の40代主婦。引越しのノウハウについては自信があります!今までの経験を駆使して、みなさんに役に立つ情報をお届けします。