賃貸契約の際、費用の内訳で見られることのある「消毒代」。 

意外に高額で、15,000円前後かかる場合がほとんどですよね。 

でもこの消毒、一体なんのためにやっているのか、どの程度の効果があるのか、そもそも絶対やらなきゃいけないのか?…等、疑問点ばかりですよね。 

そこで今回は、契約時に見られる「消毒」の正体について、解説してみますね。 

賃貸契約時の消毒って?

賃貸契約をする際、敷金がいくら、礼金がいくら…といった費用の内訳書をもらいますが、不動産業者によってはその中に「消毒代」が含まれる事があります。 

消毒???と疑問に思う人も多いことでしょう。 

消毒の内容に関しては業者によって異なるようですが、一般的なのはゴキブリに効果があるとする消毒です。 

個人的にはそれだけでなく水周りのカビ等にも効果のある消毒をしてもらえたら…と思いますが、実際の消毒はそんな素晴らしいものではないんですよ。 

 

消毒の費用とその効果

大手不動産業者Eでは、契約時に必ず消毒代として15,000円(税抜き)を請求しています。 

この消毒、どんな効果が見込めるのか聞いてみたところ「ゴキブリ駆除に効果があります」とのお話でした。 

そしてさらに、ゴキブリ予防のコーティングもあります、と。 

しかし大家をしている人の間では、「消毒量なんてごくわずか」「普通のバルサンのようなものを数分焚くだけ」「効果なんてほとんどない」「自分でバルサンをやったほうがいい」という驚きの声も聞かれています。 

というのは、部屋を閉め切ってバルサンらしきものを焚くだけで終了、配水管などの掃除もされず、これのどこが消毒?と思うような内容だからなのだそうですが、借主側からはそういった事実は見えてきませんよね。 

15,000円もの消毒費を払っているのだから、どれだけ素晴らしい消毒がなされたんだろうと期待してしまう部分だってないとは限りません。 

しかし現実は違っているようです。 

これが事実だとしたら、賃貸契約時に請求されている消毒費は明らかに「ボッタクリ」という事になってしまうわけですよね。 

また、専門家に依頼した場合と比べても相場的にかなり高いですし、費用対効果にもかなり大きな疑問が残ります。 

実際、筆者がEで契約したマンションは、消毒代もしっかり取られていましたがいざ部屋へ行ってみると消毒以前に掃除すらまともにはされていなかった…というような事がありました。 

キッチンの収納を開けると前入居者が物を置いていた形をも示すように埃が積もり、その周辺にはゴキブリの糞が大量に残されたまま。 

トイレの便器は外側が黄ばみ、シミだらけ。 

それでも「清掃・消毒済み」の紙が目立つところにおいてありました。 

なので筆者は個人的には、消毒なんて信用していませんし、クリーニングという部分も信用はしていません。 

単なる不動産業者の収入源になっているだけ、そんな風に思っています。 

 

消毒は強制?拒否はできないの?

消毒代という名目を不動産業者が独自に設定して請求している場合、強制とはならないので消毒は必要ないとして拒否することも可能です。 

ただ、不動産業者ではなく大家側が消毒は必要なものだとして設定しており、入居するための条件としている場合は拒否することが困難になります。 

これは例えば「ペットは飼育できない」という条件なのに「それは拒否する」と言って入居申し込みを行うのと同じ事になるわけです。 

そうなると、大家側が入居を認めるはずはありませんよね。 

つまり、消毒を義務付けているのが大家なのか不動産業者なのかによって拒否できる・できないが異なってきます。 

契約する前に確認して、拒否できるようだったらするのも良いでしょう。 

大家間の話に出てくる消毒のやり方が本当なら、自分でバルサンをやったほうが納得できますし、費用面でもかなり節約できるはずです。 

 

自分で消毒を行う場合

不動産業者からの請求にある消毒代を拒否して、自分で消毒を行うという人も少なくないでしょう。 

高額な消毒費を支払っても、結局やることは同じなら自分でやったほうが安く済むので納得できますよね。 

自分でバルサンを購入してきて消毒するのなら、部屋の広さにもよりますし購入する薬剤の種類にもよりますが、5,000円もあれば十分な消毒が可能でしょう。 

ちなみに筆者宅は5LDKの一戸建てですが、かなり入念に消毒をして、その他の薬剤も購入しても1万円はかかりません。 

自分でゴキブリ消毒をする場合、まずは周囲にその旨を伝えておきましょう。 

引っ越してくる挨拶と一緒でもかまいません。 

入居前に1回、そして2週間後にもう1回、合計2回やっておくと安心です。 

ただ、集合住宅の場合はバルサンをしても効果がない場合がほとんどです。 

せっかく駆除しても隣からまた入ってくる…となるからです。 

ゴキブリ駆除と予防にもっとも重要なのは、消毒後の処置です。 

消毒をしたからもう安心、もう大丈夫…と何も気をつけることなく生活していれば、ゴキブリはまたやってきます。 

それを防ぐための生活の仕方を身につけなければ、いくら消毒をしてもまったく意味はないんですよ。 

そう考えると、不動産業者による消毒も、これと同じで何の意味も持たない…そんな気がしてなりません。 

 



引越しを控えていて、まだ見積もりをとっていない、そこのあなた。引越しで損をしたくないですよね?

筆者は引越しする前に一括見積もりをしてみました。その結果にはおどろきました。

東京都内での近距離の引越しの見積もりだったのですが、最高値が53,000円で最低値が21,000円。

なんと32,000円もの差があったんです。

危うくボッタクリにあうところでした。

なので、あなたも損をしたくないなら、一括見積もりをしてみるといいでしょう。もちろん無料でできますし、最短1分で完了です。

詳しく知りたい方は下記リンクをご参照ください。

引越しで損をしないために一括見積もりをする

この記事を書いた人

越前さやか
今までの引越し回数12回の40代主婦。引越しのノウハウについては自信があります!今までの経験を駆使して、みなさんに役に立つ情報をお届けします。