引越したいけど貯金がない…引越さなきゃいけないのにお金を貯めるのができなかった…よくある話です。じゃあ、貯金がなかったら引越せない?

実は貯金なしでも引越しができる秘密があったんです。今回はそのからくりに迫ってみます!

貯金が無くても引越しってできるかな?

引越しをしなければならないのに貯金がない…そんな場合はクレジットカードを使って引越しをする事が可能です。

最近は多くの引越し業者がクレジットカード払いに対応していますので、現金が今すぐ用意できなくても大丈夫なんですよ!

とは言え、引越しは色々な部分でお金がかかるもの。

引越し代だけでなく、近所へのご挨拶や新居に合わせて買い揃えるもの、色々あるでしょう。ですので、引越しを少しでも考え始めたら、毎月少しずつでも貯金をしておいた方が良いでしょう。

また、貯金なしだから引越し業者に依頼せず自分で引越しをやろうという考えもあります。トラックをレンタカーで借りてきて、友人や知人、できるだけお金のかからない親族などを上手に利用して引越し…も十分できます。

この場合も、レンタカー代はクレジットカードで払う事ができますが、友人や知人へのお礼はそうはいかないですよね。

そう考えたら、自力でやるよりも引越し業者に依頼してしまったほうが「貯金なしの場合の引越しはできる」という事になりますね。

 

実際、引越し作業にはいくらかかる?

実際の引越しにかかる費用は、単身なのか家族なのか、荷物の量がどれくらいなのか、移動距離がどれくらいなのか…などによって全く異なってきます。

例えば単身者の引越しなら、近距離だったら2万円前後でできる事が多く、長距離でも5万円前後でできる事が多いです。

また、家族の場合は家族構成によって異なります。3人なのか5人なのか、それだけでも全く違う料金になってしまいますので、一概には言えない部分もあります。

ただ、平均的には10~20万円の範囲内という事になるようですので、家族での引越しなら貯金なしは結構きつくなってしまう可能性があるでしょう。

さらに、引越しそのものだけでなく、例えば引越す際に不用品の処分をしたり、引っ越しを機に買い替えるものがあったりと、想定外の出費は意外にも多いものです。

ですから、一般的な引越しでは部屋を借りるためのお金、引越し作業にかかるお金、買い換えるものがあるならその費用、近所へのご挨拶、を合わせて貯める必要があります。

 

トータルで考えた時の費用は?

引越しに関わる費用をトータルで考えた場合、いくら必要なのかを見ていきましょう。

  • 新居の契約費用
  • 引っ越し作業代
  • 買い替えるものがある場合はその費用
  • 近所へのご挨拶代

最低限これくらいは必要になります。また、これを具体的な金額にした場合は、次のようになります。

 

単身者の場合

 

新居の契約費用

家賃が5万円だとしたら、それかける6か月分は初期費用として準備します。ですから、5×6で30万円ですね。それプラス火災保険代や鍵交換代など3万円前後の負担があると考えましょう。

 

引っ越し作業代

引越し業者に依頼した場合は業者に支払う料金、自分でやった場合はトラックのレンタル料金やガソリン代、手伝ってくれた人へのお礼などで、平均2~5万円前後です。

 

買い替えるものがある場合の費用

貯金がない場合、無理に買い替えないほうが無難です。壊れてしまったなどどうしようもない場合に考えるのが良いでしょう。

 

近所へのご挨拶代

最近はご挨拶をする人もほとんどいないようですが、トラブルを避けると言う意味でも、念のためご挨拶には回っておいた方が無難です。

特に、ライフスタイルの多様化によって深夜遅くに帰宅する人も増えていますから、そういった場合は特に、ご挨拶に回っておいた方が問題が発生しにくくなります。

1軒あたり100~200円程度でも良いので、何か用意しておくと良いでしょう。トータルで考えると、単身者の場合は30~40万円の間くらいの金額が、引越しに必要になると言えます。

 

家族の場合

 

新居の契約費用

家賃が8万円だとしたら、8×6で48万円です。これに保険をプラスすると50万円程度にはなるでしょう。

 

引越し作業代

家族の引越しの場合は、荷物の量が多いので10~20万円の範囲内で行われる事が多いです。

 

買い替えるものがある場合の費用

家族の場合は、家電の消耗なども激しいので買い換えになる事も意外にあります。ただ、壊れたなどでなければ、貯金がない引越しの際に買い替える必要はないでしょう。

 

近所へのご挨拶代

子供がいる場合は特に、ご挨拶に回っておくべきです。子どもが遊んでいて何かを壊した、とか、近所の子どもの輪に入れないなどがないよう、安くていいのでご挨拶品を用意し、回っておくのが良いですよ。1軒あたり200~300円程度で良いでしょう。

家族の引越しに必要な金額は、トータルで70~80万円くらい見ておくと安心でしょう。

 



引越しを控えていて、まだ見積もりをとっていない、そこのあなた。引越しで損をしたくないですよね?

筆者は引越しする前に一括見積もりをしてみました。その結果にはおどろきました。

東京都内での近距離の引越しの見積もりだったのですが、最高値が53,000円で最低値が21,000円。

なんと32,000円もの差があったんです。

危うくボッタクリにあうところでした。

なので、あなたも損をしたくないなら、一括見積もりをしてみるといいでしょう。もちろん無料でできますし、最短1分で完了です。

詳しく知りたい方は下記リンクをご参照ください。

引越しで損をしないために一括見積もりをする

この記事を書いた人

越前さやか
今までの引越し回数12回の40代主婦。趣味はガーデニングとインテリア。引越しのノウハウには自信があります。今までの経験を駆使して、みなさんに役に立つ情報をお届けします。