同じマンション内でも階数や部屋の位置などによっては、家賃が異なったり日当たりの具合が異なったりすることがあります。

こうした理由で、同じマンション内での引越しを考える人も少なくありません。

このマンションには住み続けたいけど、部屋は変わりたい。

そんな方のために、同じマンション内での引っ越しにまつわる疑問にQ&A形式で答えてみました。


同じマンション内での引越しはよくある?

Q.マンションの1階に住んでいる知人が同じマンション内の最上階角部屋に移ることになりました。同じマンション内での引越しって、よくある事なんでしょうか?

知っていたら私もその部屋に移りたかったですし、私は今3階の部屋に住んでいるのですが、友人の移る部屋と同じフロアに空き部屋があるのでそちらへの引越しも考えたいと思っています。

角部屋ではないですが最上階なので見晴らしもいいので真剣に考えています。

 

A.珍しい事ではありません。

同じマンション内での引越しなら、生活環境のほとんどを変更せずに済みますので意外に希望者は少なくありません。

また、こまごまとしたものは自分でいくらでも運べるなど引越し作業も比較的楽ですし、子供がいる方などは転校の心配もありませんので希望者は多いようです。

 

同じマンション内での引越し…大家さんや管理会社には嫌がられる?

Q.同じマンション内での引越しをするのは、大家さんや管理会社にしたら迷惑ですか?

嫌がられて断られるとか、ありませんか?

 

A.嫌がられるという事は、ほとんどありません。

今住んでいる部屋が空きとなり、今空いている部屋が埋まるのですから問題はないでしょう。

引っ越したい部屋の契約も通常通り行っていれば、何の問題もなく、嫌がられるどころか、礼金や仲介手数料が入ってくるのですから喜ばれてもおかしくないと言えます。

ただ、中には同じマンション内での引越しを「単なる部屋の移動」と考える人もいるようですが、そういった感覚で考えているのなら間違いです。

同じマンション内だったとしても、大家さん、管理会社がわからすれば戸別の契約に基づくものなので、単なる部屋の移動ではなく戸別の契約、通常の賃貸契約であると認識してください。

 

同じマンション内で引っ越したい理由、何と言うのが無難?

Q.騒音がひどいので引っ越したいのですが、スーパーもドラッグストアも近く、そして駅も徒歩圏内でとても生活しやすい環境なのでこのマンションからは出て行きたくありません。

この間、同じマンション内に空き部屋があると知ったのですが、騒音を理由にその部屋に引越しをしたいと管理会社に申し出ても大丈夫でしょうか?

騒音が理由なので費用をかけずに引っ越せないでしょうか?

 

A.まず、別の部屋に引越しをしたいなら騒音を理由にしないほうが無難でしょう。

たとえば日当たりの具合、風通しの問題、エレベーターや階段の問題を理由に挙げたほうがすんなりといく可能性が高いです。

騒音を理由に挙げてしまうと、その部屋に対する評価が下がり、うわさが広まるなどしたら問題となってしまうので、大家、管理会社側はいい顔をしません。

ですので、問題なく部屋を移りたい場合は騒音の問題は表に出さず、別の理由で申し出るようにしてください。

そうでなくても「騒音」というのは人によっては騒音と感じない場合もあるため、とても難しい問題です。

管理会社に相談したところで「ほかの部屋からは苦情が出ていない」などとして取り合ってくれない場合がほとんどです。

ほかの部屋の住人は単に我慢していて言わないだけなのかもしれませんが、管理会社はそういった対応を取ることがほとんどなのです。

また、費用をかけずに引越しをするというのは少々無理があると言えます。

設備に不備があるなど生活に支障をきたす理由がある場合や大家・管理会社側からの要望で部屋を移る場合を除き、通常の引越し同様に敷金・礼金等の費用はかかると考えてください。

 

同じマンション内での引越しにかかる費用はトータルでどれくらいになる?

Q.同じマンション内で引越しをするのにかかる費用ってどれくらいですか?

普通の引越しと同じくらいかかってしまいますか?

 

A.通常、引越しにかかる費用は

  • 敷金、礼金、仲介手数料、前家賃、保険料、鍵交換など契約に伴う費用
  • 引越し作業代
  • 退去に伴う原状回復費用(敷金で不足する場合)

などがあり、単身者でおよそ30万円前後、家族なら50万円前後の費用がかかるのが一般的です。

同じマンション内での引越しの場合は、これらの中で引越し作業代を若干浮かせることができる可能性があります。

その他の費用…たとえば不用品の処分や家具等の買い替えなどにかかる費用に関しては、同じマンション内であったとしても通常通りかかるのが一般的です。

ただ、管理会社の方針や大家さんの考え方によっては、礼金なし、仲介手数料なしなどの措置を取ってくれる場合もあるようです。

 

敷金や礼金が免除または割引…なんてありえない?

Q.同じマンション内なのに敷金とか礼金はまた払うのですか?

免除とか、安くしてもらえるとかはないんですか?

 

A.一般的には、同じマンション内であろうとなかろうと、敷金・礼金は支払うことになっています。

これは、賃貸住宅の契約は戸別のものとして認識されているためです。

場合によっては礼金を免除してくれる大家さんもいるかもしれませんが、通常は払うものだと考えましょう。

というのは、礼金は大家さんに対して「部屋を貸してくれてありがとう」というお礼として払うお金なので、大家さんの考え方ひとつで違ってきます。

しかし敷金は、部屋を退去する際に原状回復の必要があればそこから充当され、家賃の滞納があればそこから充当される…といったように、借主が支払う必要のあるものに対して充当されていくお金なので、「借りた部屋に対する担保」のような形になります。

ですので、同じマンション内だから敷金は不要だろう…と考えることはできないわけです。

ただ、現在住んでいる部屋に原状回復を余儀なく去れる部分がなく、全額返金される予定だった場合、新しく借りる部屋の敷金として充当してもらうことは、管理会社や大家さんの考え方次第で可能になる場合もあるでしょう。

 

費用をできるだけ安く済ませるには?

Q.お金がないのでできるだけ引越しの費用を安く済ませたいんですが、何かいい方法はありませんか?

 

A.契約にかかる費用を節約したい場合、管理会社に直接、同じマンション内での引越しを申し出ましょう。

管理会社の方針によっては、仲介手数料を不要としてくれる場合もあります。

また、引越し作業を自分でやるというのも費用を浮かせるのにはとても効果的です。

同じマンション内ならトラックで荷物を運ぶということはありませんし、時間も気にせず小さな荷物なら少しずつ運ぶことだってできてしまうでしょう。

これだけでも、数万円の節約が期待できますよ。

 

周囲への挨拶はどうすればいい?やるならどの範囲で?

Q.同じマンション内での引越し、同じフロアの真ん中の部屋から角部屋への移動です。

普通なら引越しをしたら周りのお宅に挨拶に行くのですが、この場合はどうしたらいいのでしょうか?

同じフロアの人たちとは、会えば挨拶をする程度で、付き合いなどはありません。

 

A.引っ越す部屋がどの程度離れた部屋なのかにもよるでしょう。

同じフロア、上の階、下の階、別の棟…いろいろありますよね。

別の階、別の棟などへの引越しになるなら、同じマンション内であったとしても引越しの挨拶はしておいたほうが無難です。

また、同じフロアだったとしても普段あまり関わる事がないようなら、普通に引越しの挨拶はしておいたほうが良いですし上下には通常通りの挨拶をするのが普通です。

一般的に引越しの挨拶は向こう三軒両隣とも言いますが、集合住宅なら上下左右程度の範囲で良いのではないでしょうか。

気になる場合は、1フロアの軒数が少なめなら同じフロアは全部という対応でも良いでしょう。

 

引越し作業は引越し業者に依頼する?

Q.同じマンション内の引越しでも、引越し業者に依頼したほうが良いのでしょうか?

 

A.必ず引越し業者を使わなければいけないということはありません。

自力でできるなら、それでも良いでしょう。

特に、同じフロアだった場合は自力での引越しもそれほど苦にはなりません。

ただし大型家具や大きな荷物がある場合は、友人や知人などの助けが必要になるかもしれません。

 

引越しの見積もりは通常通り?

Q.同じマンション内の引越しでも、引越し業者の見積もりは通常通りですか?

同じマンション内での引越し専用の安くなるプランみたいなものはないですか?

トラックも使わないだろうから安くできますよね?

 

A.通常通り、見積もりを依頼するのが普通です。

ただ、見積もり金額は大幅に安くなる可能性があります。

同じマンション内なのでトラックへの荷物の搬入や運搬という工程がなくなり、荷物を移動するのみということになってトラック代が節約できる…そんなケースもあります。

もちろん、別の棟だったり、部屋から部屋の距離が離れている場合はトラックに一度積み込む場合もありますので、絶対に安くなるとは言い切れない面もあります。

どの程度の見積もりになるかは業者ごとに異なるので一概には言えませんが、同じマンション内の引越しも請け負ってくれるのは確かです。

 

同じマンション内での引越し、住民票などの手続きはどうなる?

Q.引越し後の手続きは、同じマンション内での移動でも通常の引越しと同じですか?

 

A.同じです。

同じマンション内での引越しだったとしても、部屋番号が変わるので住民票の移動は確実に必要になりますし、役所関係の手続きをはじめ、運転免許証や車検証まで、すべて一般的な引越しと同様の手続きが必要です。

ただ、本籍には部屋番号が反映されないのが一般的なので、本籍については変更がありません。

 

同じマンション内の引越しでも、通常の引越しとはそう大きく変わらない

同じマンション内での引越しでも、通常の引越しと大きな違いはなく、あるとしたら管理会社や大家さんとの関わり方によっては若干の手数料部分が免除される可能性があるという点でした。

ただ、そこに大きな期待をしすぎてしまうと当てが外れた感覚になってしまいますので、同じマンション内での引越しだったとしても、通常の引越しとそう変わらないと認識しておくと良いのかもしれません。

 



引越しを控えていて、まだ見積もりをとっていない、そこのあなた。引越しで損をしたくないですよね?

筆者は引越しする前に一括見積もりをしてみました。その結果にはおどろきました。

東京都内での近距離の引越しの見積もりだったのですが、最高値が53,000円で最低値が21,000円。

なんと32,000円もの差があったんです。

危うくボッタクリにあうところでした。

なので、あなたも損をしたくないなら、一括見積もりをしてみるといいでしょう。もちろん無料でできますし、最短1分で完了です。

詳しく知りたい方は下記リンクをご参照ください。

引越しで損をしないために一括見積もりをする

この記事を書いた人

越前さやか
今までの引越し回数12回の40代主婦。引越しのノウハウについては自信があります!今までの経験を駆使して、みなさんに役に立つ情報をお届けします。