引っ越し業者さんへの差し入れや心付け、噂には聞いたことがあるけれど、実際はみんなどうしているのか…気になりますよね。

やっておいたほうがいいとは思うものの、引っ越しにお金がかかっているからできるだけ抑えたい…そんな方のために、とっておきのお役立ち情報をお伝えしてみます。

 

引っ越し業者さんへの差し入れは必要か?

 

何かと忙しくて引っ越し準備をする時間がない、小さな子供がいる、荷物が多すぎて手に負えない…など、さまざまな理由で引っ越し業者さんに全てをお願いする方も、今はとても増えています。

そんな時、誰もが悩むのが引っ越し業者さんへの差し入れやチップです。

引っ越し料金に人件費として含まれているんだから必要ないという意見や、差し入れはしておいた方が色々頼みやすいという意見など、さまざまです。

ただ、「必要なのか」という点で言えば、「どちらでも良い」というのが一般的な意見で、実際、約半数の人…特に単身者の場合は差し入れなどの心付けを何もしていない人が多い、というのが現状です。

 

差し入れをするなら何がいいの?

 

約半数の人が引っ越し業者さんへの差し入れをしていないとはいえ、自分ができなかった作業をやってもらえるんだからやっぱり何か差し入れをしたい…そんな場合、具体的には何を差し入れたらいいのか悩みますよね。

チップとして謝礼を包むのがいいのか、それとも当日の昼食を用意してあげるのがいいのか、昼食代としてお金を渡すのがいいのか…本当に迷うでしょう。

引っ越し業者さんへの差し入れで多く見られるのが、やはりチップです。謝礼やお礼という表現を使う場合もあります。金額的には、1人あたり500円から1,000円くらいの間が一般的な相場です。

また、品物としてはお菓子などを差し入れると言う人もいますが、作業内容や荷物の量によっては、作業員さんたちがゆっくり休憩している時間もなく、慌ただしく作業をして帰る…という事も珍しくはありません。

ですので、品物を差し入れるのであれば移動中でも気軽に食べられる菓子パンやおにぎり、ペットボトルの飲み物などが最適でしょう。特に夏場などは飲み物がとても喜ばれますので、季節に合わせて考える事も必要になりますね。

ちなみに、差し入れにあまり適していないのは、作業員さんの人数で分けにくい大きなものや細かなゴミが出るもの、ボロボロこぼれて周囲が汚れるものなどでしょう。

 

差し入れはいつ、誰にどうやって渡すの?

 

引っ越し業者さんへの差し入れのタイミングでおススメなのは、当日、引っ越し業者さんが到着し、挨拶が済んだ後でしょう。

作業が終わってからという人もいますが、作業前に渡す事で、作業員さんたちとのコミュニケーションがスムーズにいったり、細かな要望を受け入れてもらえる事もあるので、可能なら作業開始前が良いでしょう。

また、引っ越し業者さんは到着後、作業の説明や作業員の紹介などをするため、まず全員が顔を合わせますので、その時に全員の前でリーダーの方に渡すようにします。

チップは、ポチ袋などを人数分用意できるのがベストですが、引っ越しでバタバタしている時なので必ずしもポチ袋ではなくてもかまいません。例えば封筒や白い紙に丁寧に包むなどして渡しても、失礼には当たりません。

 

昼食の用意はどうしたらいい?

 

荷物の量が多かったり転居先が遠いなどで引っ越し作業が1日ががりになる場合、当然ですが作業員さんたちも昼食を取る必要が出て来ます。

その場合、引っ越し業者さんへの差し入れとしてお弁当を用意してあげるべきなのか、昼食代としてお金を渡すのがいいのか、それともそういった気遣いは不要なのか、悩むことでしょう。

通常は、作業開始前に心付けとしてチップを渡したのであれば、昼食の用意までは必要ないというのが一般的な考え方です。

また、中にはお弁当を持参で来ている人もいるかもしれませんので、どうしても何か用意したい場合は、作業が一段落したであろう頃を見計らって、リーダーの方に「皆さんで何か召し上がってください」という形でお金を渡すのが良いでしょう。

その場合も、1人あたり1,000円程度として人数分…例えば5人なら5,000円札ではなく1,000円札を5枚という形で用意すると親切です。これならお弁当持参の人がいたとしても平等に、全員で分けることができますよね。

 

差し入れは感謝の気持ちを表すためのもの

 

引っ越し業者さんへの差し入れやチップは、あくまでも引っ越し作業をしてもらう感謝の気持ち、お礼の気持ちを表すためのものだと考えましょう。

中には、差し入れをしたりチップを渡したりすれば他の人より良い扱いが受けられる、予定外の作業やわがまま放題の言い分が通る…のように勘違いしている人もいますが、そうではないので注意してください。

また、暑い時期の飲み物の差し入れなどは、「差し入れをしなくちゃ」と意識していなくても、やってあげたくなるものですよね。

そういった作業員さんたちへの思いやりの気持ち、お礼の気持ちが込められていれば、差し入れの品物の内容やチップの金額は問題ではないですよね。

もし自分だったらこうされたら嬉しい、こうしてもらえたら助かる…など、自分だったらと言う視点で考えてみると、色々な事が見えてくるものです。

 

気持ちよく新しい生活をスタートさせるために

 

引っ越し業者さんへの差し入れが本当に必要なのか、やるなら何をいつ、どのくらい?…といった、さまざまな悩みを色々な角度から検証してみました。

引っ越しをするのが単身なのか家族なのかによっても、引っ越し業者さんへの差し入れの有無には違いがありますが、世間の噂や一般論に惑わされず、自分自身の感謝の気持ちを素直に表す事で、お互い気持ち良い1日を過ごす事ができるのは確かだと言えます。

丁寧で素早い作業をしてもらえ、新しい生活が問題なくスタートできたら、誰だってこんなに嬉しい事はありませんよね。

 



引越しを控えていて、まだ見積もりをとっていない、そこのあなた。引越しで損をしたくないですよね?

筆者は引越しする前に一括見積もりをしてみました。その結果にはおどろきました。

東京都内での近距離の引越しの見積もりだったのですが、最高値が53,000円で最低値が21,000円。

なんと32,000円もの差があったんです。

危うくボッタクリにあうところでした。

なので、あなたも損をしたくないなら、一括見積もりをしてみるといいでしょう。もちろん無料でできますし、最短1分で完了です。

詳しく知りたい方は下記リンクをご参照ください。

引越しで損をしないために一括見積もりをする

この記事を書いた人

越前さやか
今までの引越し回数12回の40代主婦。趣味はガーデニングとインテリア。引越しのノウハウには自信があります。今までの経験を駆使して、みなさんに役に立つ情報をお届けします。