引越しの時トランクルームに荷物を預けたいと思うものの、どうしていいのかわからない…なんて事、ありますよね。

契約の仕方どころか、どのトランクルームがお勧めなのかもわからないし、料金とかも相場がぜんぜんわからない。

今でこそ一般的になりつつあるトランクルームですが、それでもまだまだ縁のない人も多いものです。

そこで今回は、トランクルームのあれこれについて、解説してみますね。


引越しの時のトランクルーム利用方法は2つ

引越しの時にトランクルームを利用したいと考えた場合、その利用の仕方には2つの方法があります。

  • 通常のトランクルームを自分で契約する方法
  • 引越し業者のサービスの一時保管・一時預かりなどを利用する方法

では、その詳細について説明していきますね。

 

通常のトランクルーム契約

一般的なトランクルームの契約には次のような特徴があります。

 

契約が面倒

トランクルームを自分で探し、申し込みをする必要があります。

また、契約する際、審査があります。

その際に保証人または親族などの連絡先が必要になる所もあります。

必要書類は会社によっても異なりますが、

  • 身分証明書
  • 申込書
  • 保証人または親族の連絡先

というのが一般的です。

審査には早い所で1~2日程度かかる事が多く、会社によってはもう少しかかる所もあります。

審査が通ると初回分の入金を行い、鍵を受け取ったら利用開始可能になります。

 

利用期間が自由

引越しの際の短い期間だけという使い方から、数年にわたる長期の利用まで、自由です。

利用期間に制限がないので便利ですよ。

 

費用

多くのトランクルームは敷金などの初期費用が不要で、毎月の利用料金(設備利用料などが含まれる)と、保障会社利用の場合は保障料を支払えば良い仕組みになっています。

毎月の使用料は、会社によって異なります。

また、契約するトランクルームのサイズやタイプによっても大きく異なり、安いもので1,000円台から高いものは60,000円以上など、料金相場に幅があります。

 

好みのトランクルームが選べる

荷物の量や使い方・用途に応じた容量や設備、立地条件などが自由に選べます。

例えば自宅から近い、会社帰りにちょっと立ち寄れるなど立地条件は意外に重要なんですよね。

また、保管しておきたいものが入らないサイズ・容量のトランクルームでは借りる意味もありません。

その点、自分で契約するとランクルームの場合、事前にサイズや容量、立地条件などが確認できますので、契約してから「あれ?話が違う」といった事も少なく済みます。

 

365日・24時間出し入れ自由

一般的なトランクルームのほとんどが、365日・24時間出し入れ自由となっています。

深夜でも早朝でも、必要になった時に荷物を自由に出し入れできるのでとても便利です。

 

このように、一般的なトランクルームを自分で契約する場合は、色々なタイプや種類のトランクルームの中から好きなものを選べたり、出し入れがいつでも自由にできるというメリットもありますが、その一方で契約が色々面倒なのも大きな特徴となっています。

また、場合によっては審査に通らなくて保障会社利用になってしまい、余計な費用がかかる…なんて事もあります。

とは言え、引越しの際の短い期間だけではなく、長期にわたってトランクルームを利用する必要がある人にはおすすめできるのも現実です。

 

引越し業者の一時保管・一時預かり

引越し業者の一時保管・一時預かりには次のような特徴があります。

 

申し込み・契約が簡単

自分でトランクルームを探す必要もなく、引越し業者に荷物の一時保管・一時預かりを申し込むだけで済みます。

一般的なトランクルームの契約のように審査を受けたり申込書・身分証明書を提出するといった面倒や、保証人などを用意する必要もありません。

 

利用期間は限定的

引越しに伴う一時保管などでは、その利用期間が限定的になります。

例えば1週間・1ヶ月以内などのような制限を設けている所もあるので、事前に問い合わせる必要があります。

ただ、引越し業者によっては期間に制限を設けていない所もありますので、長期間預けたい場合はそういった所を利用するのが良いでしょう。

 

費用

引越し業者の一時保管・一時預かりの料金は、業者によって異なります。

また、預かる荷物の量や内容、期間によっても大きく異なっています。

中には貴重品(壷など)は預かれないとする所や、貴重品類は別料金とする所もあります。

基本的には保障料などは不要で、預ける料・期間等に応じた料金で済みます。

引越し業者の中には、一般のトランクルームに預ける形で対応している所もあり、こうした所では安くて2,000円前後という場合もあります。

 

選択肢がない

引越し業者に一時保管してもらう場合、トランクルームを選ぶ事ができない事が多いので、空調設備や害虫の侵入などさまざまな面で不安は残ります。

自宅近くなど立地条件的にも選ぶ事は不可能です。

 

出し入れできない場合も

一般的なトランクルームのように365日・24時間いつでも自由に出し入れ可能…とはいかない場合がほとんどです。

引越しの際のほんの短い期間だけの一時預かりはもちろん、長期間預けておく場合も、頻繁な荷物の出し入れは不可能とする所が多いんですよ。

ですので、念に数回しか使わないような物・持っているけどほとんど使わない物…などを預けておくようにするのが無難です。

 

引越しの際だけ、ほんの短い期間だけ…といった利用の仕方なら、わざわざ面倒な契約を行うよりも引越し業者に一時的に預けてしまったほうが手軽といえそうですね。

 

用途に合わせて

引越しの際にトランクルームを利用したい場合、その用途がどんなものになるのかをしっかり見極めておく必要があります。

新居への入居のタイミングが合わないから一時的に保管したいだけ…というなら引越し業者に預けてしまうのが最も便利で手軽です。

しかしそうではなく、その後も使わない可能性があるからしばらく預けたい…というなら一般的なトランクルームのほうが良いでしょう。

また、出し入れが自由にできるのかどうなのか、料金的なものはどうなのか、空調などの設備はどうなのか…色々な点で比較してみると良いですよ。

 



引越しを控えていて、まだ見積もりをとっていない、そこのあなた。引越しで損をしたくないですよね?

筆者は引越しする前に一括見積もりをしてみました。その結果にはおどろきました。

東京都内での近距離の引越しの見積もりだったのですが、最高値が53,000円で最低値が21,000円。

なんと32,000円もの差があったんです。

危うくボッタクリにあうところでした。

なので、あなたも損をしたくないなら、一括見積もりをしてみるといいでしょう。もちろん無料でできますし、最短1分で完了です。

詳しく知りたい方は下記リンクをご参照ください。

引越しで損をしないために一括見積もりをする

この記事を書いた人

越前さやか
今までの引越し回数12回の40代主婦。引越しのノウハウについては自信があります!今までの経験を駆使して、みなさんに役に立つ情報をお届けします。