引越しをすることで友達や仲良くしてくれた近所の人たちと別れる…それって結構つらいものなんですよね。

一生のお別れじゃないけど、でも引っ越す前に挨拶しておきたいしプレゼントも渡したい。

そんな場合によさそうな挨拶とプレゼントの相場を紹介してみます。


仲良しのお友達への挨拶とプレゼント

仲良くしてきた友達と、引越しを機に別れてしまうのはとても辛い事ですよね。

新しい場所でもそれだけ仲良くできる人が見つかるかどうか…そう考えただけっでも不安になってしまうものです。

お別れの挨拶は口で言うと何だか涙が出てきてしまうので、メッセージを手紙にしたいという人も多い事でしょう。

そんなお別れの挨拶にふさわしいメッセージの例文は、インターネット上にいくつもありますが、そういったものを丸写しにするのではなく、参考にしながらも自分らしいメッセージにまとめて見ると良いでしょう。

 

思い出を含めて

-----------------------------------

○○さんへ

突然ですが、○月○日に引っ越す事になりました。

もっと早く言い出せれば良かったんですが、

今まで仲良くしてもらった事を思い出すと何だか言い出せずに今日まで来てしまいました。

今まで仲良くしてくれて本当にありがとう。

みんなで一緒に行った○○、とっても楽しかったね。

あの時○○さんと撮った写真を見ていると、

本当に昨日のことみたいに思い出されて、懐かしいです。

これからは少し離れたところに住むことになって辛いけれど、

一生のお別れじゃないから、

これからも友達として仲良くしてくださいね。

-----------------------------------

こんな感じで、別れの言葉というよりも、一緒に楽しんだ思い出やお礼を含めたメッセージにすると良いでしょう。

また、プレゼントを渡す場合は、気を使わせない程度の金額にします。

1,000円前後が妥当ですが、特に仲良しだった友達なら、一緒に撮った写真を添えたりするのも良いですね。

プレゼントの中身は、その相手とのつながりがどういったものだったのかにもよりますが、一般的に無難といわれているのはハンカチでしょう。

もっと親しい間柄だったなら、おそろいの携帯ストラップやマグカップなども良さそうですね。

ちなみに筆者なら、手作りのパワーストーンブレスなどをおそろいで作ってプレゼントしそうです。

 

近所の方への挨拶とプレゼント

近所の方への挨拶とメッセージは、その関係がどういったものだったのかによっても異なります。

 

単にご近所づきあい程度の相手

単に顔を合わせれば挨拶をする程度の相手なら、引越しが決まったこと・どこへ行くのかなど一般的な会話の中でこれまでのお礼を伝えれば良いでしょう。

また、プレゼントを渡すならやはり相手に気を使わせない程度の金額で、500円前後がベターです。

中身については、ハンカチ、タオルなど実用的なものがおすすめです。

ただ、女性の場合は柄などに好みがあったりするので、できるだけシンプルなもの、ワンポイント程度の柄のものが無難でしょう。

 

親しくお付き合いしていた場合

親しくお付き合いしてきた場合は、友達とのお別れと同じ感覚で挨拶とプレゼントを用意して良いでしょう。

それでも友達とは少し差をつけたいという場合は、手紙を書く場合も思い出などを含めずに済ませても良さそうです。

----------------------------

○○さんへ

○月○日に引っ越す事になりました。

今まで仲良くしてくれて本当にありがとうございました。

引っ越した先でも○○さんのように仲良くしてくれる人が見つかるか不安ですが、

○○さんと仲良くなった時を思い出してがんばってみますね!

私は引っ越してしまいますが、

でもこれで完全なさよならではないと思っています。

また近くに来る用事も結構あるので、

その時はまた声をかけさせてくださいね。

----------------------------

このような感じで当たり障りのない内容にすれば良いでしょう。

プレゼントは、親しかった友達のようにおそろいのものにしたいか、単なる近所づきあいの人と同じにしたいかは人によって考え方が異なりますが、筆者ならおそらく近所の方へのプレゼントと同じにすると思います。

 

子供を通じたお付き合いだった場合

子供を通じたお付き合いだった場合は、正直、その場限りの仲良しである可能性が高いので、筆者なら単なる近所の人と同じ用に対処します。

ですが、子供同士が仲良しだったりすると、なかなかそうも行かないことが多いですよね。

その場合は、親への挨拶やプレゼントよりも、子供へのプレゼントに力を入れましょう。

就学児童ならノートや鉛筆、ハンカチなどがベターです。

未就学児ならかわいい靴下やハンカチ、マスコット類でも良いですね。

 

大切なのは感謝の気持ち

引越しでお別れしなくてはならない近所の人や友達に、いろいろな挨拶やプレゼントを考えるのはよくわかります。

でも、最も大切なのは金額ではなく感謝する気持ち。

今までそこで楽しく過ごせたのはあなたのおかげ、という気持ちが伝わることがとても大切です。

今まで仲良くしてきただけに、お別れの挨拶を口にするのは何だか照れくさい、言葉にすると泣いてしまいそう…そんな場合は、正直な気持ちを手紙にすれば良いと思いますよ。

心をこめたメッセージやプレゼントは、きっと相手の心に響きますから。

 



引越しを控えていて、まだ見積もりをとっていない、そこのあなた。引越しで損をしたくないですよね?

筆者は引越しする前に一括見積もりをしてみました。その結果にはおどろきました。

東京都内での近距離の引越しの見積もりだったのですが、最高値が53,000円で最低値が21,000円。

なんと32,000円もの差があったんです。

危うくボッタクリにあうところでした。

なので、あなたも損をしたくないなら、一括見積もりをしてみるといいでしょう。もちろん無料でできますし、最短1分で完了です。

詳しく知りたい方は下記リンクをご参照ください。

引越しで損をしないために一括見積もりをする

この記事を書いた人

越前さやか
今までの引越し回数12回の40代主婦。引越しのノウハウについては自信があります!今までの経験を駆使して、みなさんに役に立つ情報をお届けします。