引越しが決まった新たなお部屋…どんな素敵な生活が待っているかとドキドキワクワクしているところへ、なにやら漂う嫌な部屋の匂い…。

しばらくすれば解消されると思ったけれど解消されない、消臭スプレーも意味がない…どうすればいいのかわからない!

そんな人のために、部屋の匂いの原因とその解消法を紹介してみますね。


部屋の匂いの原因はどこ?

引越し先の部屋の匂いが嫌、気になる…そういう事って意外に多いんですよね。

筆者も引っ越し先の部屋の匂いに耐え切れずいろいろな策を講じてきた経験があります。

でも、その「部屋の匂い」、どこから来るかが特定できていないと原因もわからないし解消法も見つけることができませんよね。

ちょっと嫌かもしれませんが、その嫌な匂いがどこから来るのかを、まずは特定してみましょう。

 

水周りから来る匂い

洗面所やお風呂、トイレ、キッチンなどの水周りから来る匂いの場合は、下水・配水管が発生源と特定できます。

入居してすぐの頃の下水の匂いは、しばらく使っていなかった事でU字型の排水トラップの水が蒸発してなくなったために発生しているものなので、水を流すなど使う事によって解消されます。

筆者宅ではお風呂場と洗濯機置き場の排水口がひどい悪臭を放っていたので、お風呂場は毎日使用後に排水口洗浄剤を少しずつ流し込むようにし、洗濯機置き場の排水口はふさぎ、排水ホースを風呂場へ伸ばして使用するようにしたところ、匂いは解消されました。

 

タバコのにおい

前入居者がヘビースモーカーだったりすると、壁紙を取り替えても部屋に匂いが残ることがあります。

換気扇周辺や水周り周辺にも、タバコの嫌な匂いが染み付いていることが多く、クリーニングでは簡単には取れません。

以前筆者が入居した部屋も、キッチン周辺からのタバコの嫌な匂いがきつく、退去までずっと続いていました。

不動産屋に相談もしましたが、クリーニングはしてあると取り合ってもらえず、結局退去まで我慢でした。

タバコの吸殻をキッチンに流していたのではないかと思うほどの悪臭でしたので、おそらくそこで灰皿を洗うなどしていたのではないかと思われます。

排水管洗浄剤や消臭スプレーを使ってもだめでしたので、柱などの建材にも染み込んだ、もっと根が深い匂いだったのかもしれません。

こうなると、オゾン脱臭などしか効かないのではないかと思えてきます。

 

カビ臭

収納スペースやエアコンが発生源となりやすいカビ臭は、部屋の匂いの原因としてはトップクラスの多さになります。

匂いだけなら換気をすれば解消されますが、原因を除去しなければ匂いは続きます。

カビの生えている場所を特定し、徹底的に掃除し、再発防止のために乾燥させるようにします。

また、定期的にかぜを通し、じめじめした空気がよどまない様に注意します。

エアコンのカビ臭は、専門家にクリーニングしてもらうのがベストです。

エアコン洗浄剤などがホームセンターで売られていますが、一時的なものでしかなく、根本的な解決にはなりません。

 

カーペットの匂い

カーペットが敷き詰めてある部屋も中にはありますが、こうした部屋の場合、「足の匂い」のようななんとも言えない嫌な匂いが染み付いている事が多いです。

小中学校の音楽室に入ったときのような、あの嫌な匂いです。

筆者も経験がありますが、こればかりは対策がありませんでした。

消臭スプレーを何本も使い切り、消臭効果があるという粉末もいくつも使い切りましたが、まったく解消されることはありませんでした。

結局筆者が取った策は、ウッドカーペットをその上から敷き詰めるという対策でした。

もともと強いてあったカーペットがはがせなかったので、上からです。

意外な事に、それで匂いは解消され、快適に暮らせるようになりました。

 

原因不明な匂い

原因が特定できない嫌な匂いの多くは、建材の匂いや古くなった畳の匂い、床下から来る匂い、そしてペットの匂いなどである事が考えられます。

建材のにおいなどはそれほど不快なものではありませんが、ペットの匂いは非常に深いな匂いを発する場合が多いです。

ペット可の住宅ならそれも仕方のない事と諦めるほかありませんが、そうでないのにペットの匂いがひどい場合は不動産屋に改善を申し入れることも可能ではないでしょうか。

筆者の住んでいる家も、以前の人が犬を室内で飼っていたらしく、和室の部屋がとてもオシッコ臭いのです。

なので、空間を除菌するタイプの薬剤を置くなどして部屋の空気を浄化しています。

ちなみに、筆者が和室の消臭に使ったのはこんな商品です。

 

部屋全体の空気を浄化するグッズを活用する

しばらく使っていなかったU字型排水トラップの乾燥や清掃不十分なために発生している部屋の匂いなら、原因が特定できているので解消法もありますが、たとえば前入居者の生活臭が染み付いていたり建材などに染み付いた匂いによって部屋が臭くなっているのなら、正直のところ解消法がないので空気清浄機などを利用してみるのも良いかもしれません。

こちらは空気清浄機ですが、マイナスイオンを発生するので消臭効果がとても高い商品のようです。

タバコの匂いも消臭できているという口コミもあるので、効果が期待できそうです。

 



引越しを控えていて、まだ見積もりをとっていない、そこのあなた。引越しで損をしたくないですよね?

筆者は引越しする前に一括見積もりをしてみました。その結果にはおどろきました。

東京都内での近距離の引越しの見積もりだったのですが、最高値が53,000円で最低値が21,000円。

なんと32,000円もの差があったんです。

危うくボッタクリにあうところでした。

なので、あなたも損をしたくないなら、一括見積もりをしてみるといいでしょう。もちろん無料でできますし、最短1分で完了です。

詳しく知りたい方は下記リンクをご参照ください。

引越しで損をしないために一括見積もりをする

この記事を書いた人

越前さやか
今までの引越し回数12回の40代主婦。趣味はガーデニングとインテリア。引越しのノウハウには自信があります。今までの経験を駆使して、みなさんに役に立つ情報をお届けします。