新生活に何か便利なアイテムやグッズはないかと考えている一人暮らしの人は多いかもしれませんね。 

かといって便利グッズと呼ばれるものは高価でなかなか手が出なかったり、一人暮らしなのに必要?と思うものばかり。 

今回は、まったく高価ではない庶民的なレベル、どのホームセンターでも手に入るようなものを、便利に使う方法も含めて紹介してみますね。 

電子レンジ活用グッズ

一人暮らしだと、いろいろな料理を作ろうと思っていてもなかなか時間がなかったり、一人分だけ作るとなるとやれ鍋を出してああしてこうして…なんて、結局面倒になってしまったりするんですよね。 

そんなときに役立つのが、電子レンジ活用グッズです。 

  • 電子レンジ用炊飯器 
  • 電子レンジ用ラーメンどんぶり 
  • 電子レンジ用パスタゆで器? 
  • 電子レンジ用ゆでたまご作成器 
  • 電子レンジ用スチームケース 
  • 電子レンジ用湯わかしポット 

…など。 

こうした電子レンジ活用グッズは、いちいちガスコンロでお湯を沸かしたり火を使ったりしなくて済むので節約になるだけでなく、とにかく時短に大いに役立つんです。 

帰宅しても家に誰もいない一人暮らしには、こうしたグッズが欠かせない存在になりそうですね。 

 

室内用物干し

洗濯物を外に干して外出したものの、突然の雨。 

でも家には誰もいない…。 

洗濯物は雨に濡れて、結局洗い直し。 

一人暮らしにはよくある光景です。 

また、女性の一人暮らしの場合は洗濯物から「女性の一人暮らし」ということがわかってしまうと下着泥棒などの被害も想定されますし、ストーカー被害などあらゆる危険が考えられるので、できるだけ外出時には洗濯物は室内に取り込んでおくのがおすすめです。 

そんなときに役立つのが、室内物干しです。 

最近よく見かけるものは布団も干せる耐荷重だったり、さびにくいステンレス製などのものばかりなので、ひとつ購入しておくとかなり長い期間使う事ができます。 

筆者宅では毎日布団をかけて乾燥させる…などにも使っていました。 

 

ドメスト

トイレ掃除、まだブラシでゴシゴシやってますか? 

筆者はトイレブラシという存在がとても嫌いで、今まで使わずに暮らしてきました。 

トイレブラシは使用後がとても汚いものですよね。 

それを収納ケースに入れておくと、汚れたブラシから出た水がケース内にたまる、それがとてつもなくイヤで、ブラシとサヨナラしました。 

その後の筆者のトイレ掃除は、ドメスト1本です。 

水に薄めた液で床や便器周辺は雑巾がけ、またはお掃除シートでふき取るだけ。 

そして便器内はドメストをまいておくだけです。 

数分後、普通に水を流せば除菌&洗浄終了、こんな簡単な方法でとてもきれいになりますよ。 

 

保存容器

ジップロックのような冷凍保存もできる容器があると便利です。 

一人暮らしだと、ご飯を毎回炊くのも面倒なことがありますよね。 

そんな時、一度に大量に炊いて、小分けにして冷凍保存しておくと、食べるときにはチンするだけ。 

節約と時短の両方が可能になるので、一人暮らしには必須アイテム!と言えそうですね。 

筆者は一人暮らしではないですが、家族とは別で筆者のみ玄米を主食にしているので、一度に大量に炊いて小分け・冷凍保存をしています。 

前もって冷蔵へおろしておいて自然解凍…なんてやり方もできるので便利ですよ。 

 

ペットボトル

米、粉もの、調味料…なんでも保存可能なペットボトルは、実は以外に知られていない高性能保存容器なんですよ。 

保存容器と言ってしまうとちょっと違う?かもしれませんが、実際にはそれくらいの高い能力を持った容器なので、いろいろなものが保存できるんです。 

筆者宅では、もち米の保存のほか大容量のすりごまを買ってきた時、ココアやコーヒーの詰め替えパックを買ってきてペットボトルに詰め替えたり、コンソメの大容量詰め替えパックを入れておく、インコの餌を入れておくなど、さまざまな使い方をしています。 

それだけでなく、洗濯洗剤の本体を買わずに詰め替え用をペットボトルに入れておくなど、本当に多種多様な使い方ができるんですよ。 

しかも、いろいろなことに使えるだけでなくその密封の度合いが本当に素晴らしく、入れておいた粉物が湿気を帯びることはほとんどありませんし、使う時も簡単。 

縦に置いても横に置いても大丈夫で保管する時に余分なスペースを取らないのも魅力ですよ。 

 

身近にある便利グッズを上手に活用

何も高価なものだけが便利グッズではありませんよね。 

ペットボトルなんて、はっきり言ってごみになるだけのものですが、洗って乾かせば立派な保存容器として再利用できるようになるわけです。 

また、電子レンジ活用グッズも、今は100円ショップでもよく見かけるものばかりになりました。 

筆者は100円ショップのお湯沸かしポットを購入・利用していたことがありますが、断然便利でした。 

ガスコンロでお湯をわかすよりずっと経済的で速いですし、「一人暮らしには電気ケトルが便利!」なんてサイトもかなり多く見られますが、実際はそこまで量も必要ないですよね。 

電子レンジでお湯を沸かせるこの100円ショップのアイテムは、マグカップ12杯分のお湯がごくわずかな時間でできるので、本当にとても便利でした。 

また、同じく100円ショップの、電子レンジ用炊飯器? 

1合分のご飯が炊けるというものを使ったことがありましたが、やはり意外に便利でした。 

こうした身近にある物を上手に工夫して利用してみることで、意外な便利グッズに早変わり…ということもあるので、ぜひ試してみてくださいね。 

 



引越しを控えていて、まだ見積もりをとっていない、そこのあなた。引越しで損をしたくないですよね?

筆者は引越しする前に一括見積もりをしてみました。その結果にはおどろきました。

東京都内での近距離の引越しの見積もりだったのですが、最高値が53,000円で最低値が21,000円。

なんと32,000円もの差があったんです。

危うくボッタクリにあうところでした。

なので、あなたも損をしたくないなら、一括見積もりをしてみるといいでしょう。もちろん無料でできますし、最短1分で完了です。

詳しく知りたい方は下記リンクをご参照ください。

引越しで損をしないために一括見積もりをする

この記事を書いた人

越前さやか
今までの引越し回数12回の40代主婦。引越しのノウハウについては自信があります!今までの経験を駆使して、みなさんに役に立つ情報をお届けします。