引越し時、ベッドは解体するのかそのままなのか、ロフトベッドなら解体必須だけどやってもらう事ができるのか…。

最も大きな家具と言えるベッドだから、その扱いはちょっと面倒だったりしますよね。そこで今回は、引越しのプロの意見も交えて、ベッドの準備の仕方について紹介していきますね!

 

ベッドは解体・梱包するの?それともそのままでいいの?

引越しの時、家の中で最も大きな家具になるであろうベッドの扱いは、引越し業者との契約内容によってそれにかかわる作業が異なってきます。

例えば梱包から開梱まで全てお任せのプランだった場合、当然ですがベッドの解体や梱包・組み立ても含めてすでに料金に含まれているはずなので、自分では何もしなくて大丈夫です。

もちろんロフトベッドの場合も同じです。

一方、お任せのプランではなく引越し費用節約のためにある程度は自分で作業をするプランの場合、できるだけ自分で解体はやっておいた方が良いでしょう。

解体しておかなければダメ!というわけではありませんが、引越し業者が解体・分解をしてくれた場合、別料金を請求される可能性もありますので自分でやっておいた方が無難です。

特にロフトベッドの場合は解体しなければ運べませんので、解体は必須となりますから、引越しが決まった時点で早めに解体を進めておきましょう。

また、梱包はプランに関わらず引っ越し業者がやってくれます。大型家具用の梱包材を持ってきて素早く梱包してくれますので安心ですよ。

 

解体ってどうやればいいの?

引越し時にベッドを解体する方法の基本は、「組み立てた時と逆の順番で解体していく」事です。つまり、一番最後に組み立てた部分から分解していく…という事です。

そして、その時のポイントは、組み立て時にわかりやすいように番号などを振っておく事です。綺麗にはがせる梱包テープなどを貼りつけ、そこに番号を振っておけば後で組み立てる時にとても楽ですよ。

また、分解時に出たボルトなどの細かい部品類は紛失しやすいのでなくさないように工夫が必要です。

ちなみに筆者宅にはロフトベッドがありますが、引っ越し時は自分で解体して紐でくくっておき、ボルトなどはそれがついていた部材に付けておく方法を取りました。

さらに、組み立て時同様に、解体時も複数人で行うようにしましょう。ベッドの部品は大きくて長いものが多いので、一人でやろうとすると壁に当てて傷をつけたりしてしまいます。

ベッドが傷つくだけでなく、借りていた部屋の壁を傷つけてしまうと修繕費用がかかる事がありますので注意してください。

 

ベッドは持って行かない!処分!…の場合はどうすればいい?

引越しと同時に、今使ってるベッドは処分しよう…と言う場合、当然ですがそこには処分費用がかかる事になります。

処分の仕方にもよりますが、自治体で行っている粗大ごみの回収に出すのが最も手軽で、費用の面でも安く済むというメリットがあります。

自治体によって費用は異なりますが、ベッドほどの大型家具になると平均して1,000円前後となる事が多いです。

ただ、回収日が決められているので引越しまでに間に合うように計画して出さなければならず、そこに失敗すると新居へ運ばなければならなくなってしまうというデメリットはあります。

他にも、不用品回収業者に回収してもらうという方法があります。

電話1本で来てくれるという大きなメリットがあり、引越しなど急ぎで不用品回収を依頼したい場合に最適です。

ただ、料金は業者によって大きく異なるので、見積りをしてもらわなければハッキリしないというデメリットもあります。

また、引越しと同時に引っ越し業者に不用品回収として持って行ってもらうという方法もあります。

もちろんこれにも費用がかかりますが、事前に処分する必要もなく、何もしなくていいので一番手間がかからず楽な方法だと言えます。

ただ、料金面では他の方法よりも少し高めになる事が多いです。

慌ただしい引っ越しのさなか、自分でベッド処分のための手間暇をかけるかわりに費用を安く済ませるか、一切手間暇はかけないかわりに少し高めの費用を払うか、はたまた料金がハッキリしないけど手間はそれほどかからない方法を選ぶか、どの方法を選択するのが良いかは、人それぞれでしょう。

ちなみに筆者なら粗大ゴミを選びます。

引越すと決まった時点である程度いる物・いらない物はハッキリしてくるので、時間的に余裕を持って動くからです。

自分で清掃センターへ持ち込める物は持ち込めばその分費用も安く済みますし、無理な物だけ回収を依頼すれば良いので費用面ではかなりお得に済ませる事が可能です。

以前、粗大ゴミの回収日に間に合わなかった事があるのですが、「実は引っ越しで」と事情を話したら融通を聞かせて何とか回収してくれたところもありましたよ。

 

処分して買い替えだと、高くついちゃう?

引越しと同時に今のベッドは捨てて新しいものに買い替える場合、やはり費用の負担は大きくなると言えるでしょう。

これまでに使ってきたベッドの処分費用プラス新しいベッドの購入費用が必要になるので、単純に考えても新しいベッドの代金以上の負担が必要になると考えてください。

ただ、古いベッドの処分をただ単に「捨てる」とするのではなく、リサイクルショップに売るなどして多少なりともお金になるのであれば、新しく購入するベッドの費用負担が少し軽くなりますので、買い替えの場合はできるだけこうした方法を取るのが良いでしょう。

とは言え、新しくベッドを購入する事になるので最低でもその費用はかかると考えておく必要があります。

シングルサイズのベッドであれば、安いものでは10,000円前後で買える事が多いので、それほど大きな負担とはならないでしょう。

 



引越しを控えていて、まだ見積もりをとっていない、そこのあなた。引越しで損をしたくないですよね?

筆者は引越しする前に一括見積もりをしてみました。その結果にはおどろきました。

東京都内での近距離の引越しの見積もりだったのですが、最高値が53,000円で最低値が21,000円。

なんと32,000円もの差があったんです。

危うくボッタクリにあうところでした。

なので、あなたも損をしたくないなら、一括見積もりをしてみるといいでしょう。もちろん無料でできますし、最短1分で完了です。

詳しく知りたい方は下記リンクをご参照ください。

引越しで損をしないために一括見積もりをする

この記事を書いた人

越前さやか
今までの引越し回数12回の40代主婦。趣味はガーデニングとインテリア。引越しのノウハウには自信があります。今までの経験を駆使して、みなさんに役に立つ情報をお届けします。