引っ越し荷造り中の断捨離のコツは、ズバリ思い切って捨てる事!

荷造りのために家中の荷物を全て出す引っ越しは、他でもない断捨離の絶好のチャンスです。使うかもしれない、いるかもしれないとしまいこんであった物が冷静に見ると不用品…という事もよくあります。今こそ「~かもしれない」を排除して、上手に断捨離していきましょう!

「~かもしれない」が不用品を増やしてきた事に気付こう

引っ越しの荷造りをしていて、思っていたより荷物が多い…こんなに物があったっけ?と思う事が出てくる場合があります。

この原因は「もしかしたら使うかもしれない」「あとで必要になるかもしれない」など、不明確な予定や未定の計画のために何でもかんでもとっておこうとした事にあります。

確かに、もしかしたら使う事もあるかもしれませんが、そう考えて取っておいて使ったためしはない…という現実がないでしょうか。

後で必要になるかもしれないと思い取っておいたけれど、必要にならなかった…そんなことはありませんか?

それが多くの現実です。

そして、取っておいたのに使わなかったそれらの品物は、おそらくその後も使わない可能性が高いと言えるのです。

そうして使わずにおくとやがてデザイン的に流行からずれてしまい、使う事が恥ずかしくなったり、時代遅れとなって、やはり結局は使わずに時間ばかりが過ぎていく事になるのです。

ですから、一定期間使わずにいたものは思い切って捨てる事も大切で、それは片付けの基本、そして断捨離のコツとも言えるのです。

 

いらない物を捨てる=荷物を減らす事になる

引っ越しの荷造りが思うように進まない事や、荷物のまとめ方がわからないなどと言う事はありませんか?

それは、荷物が多すぎるから、そしている物といらない物の整理ができていないからです。

初めに、いる物といらない物をしっかりと分類する事にしましょう。

これが断捨離のコツだからです。

まずいる物、絶対に必要なものは分類しやすいですよね。

いらない物、もう捨ててもいいやと思う物も、分類しやすいでしょう。

問題は「もしかしたら~かもしれない」物です。

「もしかしたら~かもしれない」と思う物は、実はいらない可能性がありますので、思い切っていらない方へ分類してみましょう。

そうやって本当は不要だった荷物を捨てれば、荷物を減らす事ができるので整理しやすくなり、荷造りが捗るでしょう。

ただ、引っ越し日直前になって急いで断捨離をしようとすると、正しい判断ができず、本当は必要な物まで捨ててしまって後悔する事にもつながりますので、直前になって急いでやるのはやめましょう。

正しく、そしてスマートに断捨離を行うコツは、日程的に余裕を持ち、少し前から少しずつやっていく事です。

つまり、こまめに荷物の整理、持ち物の整理をしていく事が大切なのです。

 

引っ越しの場合の断捨離のポイントはどこ?

引っ越しの時に荷造りをしながら断捨離をしたい場合、コツやポイントは次のような部分になります。

 

粗大ごみをはじめとするゴミの日程や資源回収の日程を確認したうえで断捨離する

粗大ゴミや資源回収の日程は、居住地域によって異なります。

また、分類の仕方にも違いがあります。

引っ越しの荷造りで出る不用品を粗大ゴミや資源回収などに出すことも考慮したうえで、その日程に合わせて出せるよう余裕を持って整理するのが断捨離のコツであり、大きなポイントとなります。

 

オークションやリサイクルショップに売る事を考えて早えに断捨離する

捨てるのはもったいないから売りたいと言う場合、時間的余裕が必要になってきます。

オークション、リサイクルショップ、フリーマーケットなど色々な方法がありますが、どの場合でも時間的余裕は持っていたほうが無難です。

特にオークションは時間がかかる場合が多いので、日数に余裕があるうちに開始するのがポイントです。

 

捨てる決意ができない物は保留にする

もういらないのだろうけれど、捨てる決心がつかない、迷ってしまう…そんな場合は、いったん保留にし、引っ越し荷物に入れておきましょう。

実際、捨てるのはいつでもできます。

新居へ移ってから「やっぱりいらない」と思えば捨てる事ができるので、どうしても決心のつかない物は保留で良いでしょう。

 

引っ越し時の断捨離は、潔く思い切る事も大切ですが、決心がつかない場合は無理をせず思いとどまる事も大切です。

何でもかんでもとっておく収集癖にも困りますが、逆に何でもかんでも捨ててしまうクセにも困るものです。

筆者は実は後者で、いるはずの物も捨ててしまって後で後悔する事がよくあります。

部屋の片づけ、整理と言う意味では良いのでしょうが、それで困る事も時々ありました。

自分の中で絶対に捨ててはいけないもの、これだけをしっかりと管理しておけば、他の物は断捨離しやすく、新居へ運ぶ荷物を減らし、引っ越し自体を楽にすることが可能になるので、引っ越しを機に断捨離にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 



引越しを控えていて、まだ見積もりをとっていない、そこのあなた。引越しで損をしたくないですよね?

筆者は引越しする前に一括見積もりをしてみました。その結果にはおどろきました。

東京都内での近距離の引越しの見積もりだったのですが、最高値が53,000円で最低値が21,000円。

なんと32,000円もの差があったんです。

危うくボッタクリにあうところでした。

なので、あなたも損をしたくないなら、一括見積もりをしてみるといいでしょう。もちろん無料でできますし、最短1分で完了です。

詳しく知りたい方は下記リンクをご参照ください。

引越しで損をしないために一括見積もりをする

この記事を書いた人

越前さやか
今までの引越し回数12回の40代主婦。趣味はガーデニングとインテリア。引越しのノウハウには自信があります。今までの経験を駆使して、みなさんに役に立つ情報をお届けします。