タワーマンションへの引越しは誰もが憧れるものですよね。

でも引越し作業も引っ越してからのさまざまな現実も、憧れだけでは済まされない場合が多いもの。

ここでは、タワーマンションへの引越しにまつわる注意点や引越し費用などの現実を少し紹介していきましょう。


タワーマンションへの引越しにまつわる注意点

憧れのタワーマンション…いわゆるタワマンと呼ばれる高層マンションへの引越しをする場合、一般的なマンションやアパートなどへの引越しとは少し違った注意点があるので、事前によく理解しておく必要があります。

後で「こんなはずでは…」とならないためにも、前もっていろいろ調べて、知っておきましょう。

 

引越し時の養生

タワーマンションの場合、一般的なマンションとは違って養生などにルールを設けているなど厳しいところが目立っています。

ですので、引越しが決まったら、事前に管理会社に引越し日の連絡をして、養生について指示を仰ぐようにしてください。

通常、引越し業者は養生材をトラックに積んで用意していますが、タワーマンションの場合そのルールや管理会社からの指示によっては用意してある養生材だけでは不足してしまう場合があります。

業者によっては追加の養生材の料金が別途必要になる場合もありますので、事前に管理会社の支持を仰ぎ、養生材の必要量が把握できるようにしておきましょう。

 

搬入経路

タワーマンションへの引越しでは、荷物の搬入経路や搬入口が玄関ではない場合があります。

東京ミッドタウンなどのように、地下に搬入口を設けていてそこから…のような形をとるところも少なくありません。

ここで問題になるのがトラックの高さ制限です。

地下への入り口はたいてい高さの制限があり、大きなトラックだと天井が当たってしまい、入ることができない場合があるんですよ。

ですので引越しが決まったらまず管理会社に引越し時の荷物の搬入の仕方や経路について確認を取って、引越し業者にわかりやすいようにしておく必要があります。

 

エレベーターの利用許可

タワーマンションへの引越しにはエレベーターの利用が欠かせません。

事前に管理会社に引越しが決まったことを連絡し、エレベーターの利用許可を取るようにします。

ほかにもエレベーターを利用する業者がいたり、引越しをする人がいたりすると順番に利用しなければならず、何時まで許可…といった形で許可される場合が多いので、それを引っ越し業者に伝えるようにします。

 

運べない荷物は処分

タワーマンションのエレベーターは比較的大きなサイズのものが使われている場合が多いですが、それでも乗らない大きな家具などがある場合、その家具は処分することも検討しなければなりません。

たとえばタワーマンションとは言え、1階や2階など低層階に引っ越す場合はクレーンで対応も可能ですが、最上階など何十階…というような高層階の場合はクレーンでも対応することができません。

ですので、そのような場合は残念ですが家具を処分するか分解する必要が出てくるでしょう。

 

費用が高めになることを覚悟

タワーマンションへの引越しは、さまざまな制約に縛られての作業となるため、引越し費用は一般的な引越しと比べて若干高めとなります。

養生の範囲が広いことや、建物への配慮が並大抵のものではないこと、そのため作業員が多めに必要になること、高層階ともなれば作業そのものに時間と体力を要することなどさまざまな要因があります。

もちろん、費用を安くするために複数の引越し業者を比べて交渉することは十分可能かと思いますが、それでも一般的な引越しとは最初の基準値が異なることを覚悟しておきましょう。

 

タワーマンションに慣れている業者選び

引越し業者ならどこでも一緒、タワーマンションだってそうでしょ?…と思ったら大間違いです。

タワーマンションへの引越しは、一般的なマンション等への引越しとはわけが違い、とても神経を使うものなので、ある程度の慣れが必要になってきます。

しかし、この点については「どの業者が慣れている」といったことがわかりにくいので、《タワーマンションへの引越し》ということで複数の業者に問い合わせをして、見積もりの段階でいろいろ聞いてみるのも良いかもしれません。

比較的大手なら安定していろいろな種類の引越しを経験しているはずですので、そういったところもねらい目ではないでしょうか。

 

挨拶の範囲

引越しの挨拶は、する人としない人がいます。

そこには何か決まりがあるわけでもなく、気持ち次第ということになるのですが、タワーマンションの場合は、しておいたほうが無難でしょう。

どのタワーマンションでも絶対そうだとは言い切れませんが、タワーマンションには独特の住民心理が働いており、すんでいる階によって見下したり何かとトラブルに発展しやすい環境があるようですので、問題回避のためには挨拶にまわっておくのが無難です。

とは言え、全戸にまわるのは無理ですので、同じフロア、そして最低限下の階には挨拶しておくと安心でしょう。

金額的にも、一般的なマンション等の場合より少し高めの1,000円~2,000円前後のものを選んでおくのが安全です。

 

こんなことまで?と思うような不思議なルールもありますが、タワーマンションの現実はこんなもののようです。

 



引越しを控えていて、まだ見積もりをとっていない、そこのあなた。引越しで損をしたくないですよね?

筆者は引越しする前に一括見積もりをしてみました。その結果にはおどろきました。

東京都内での近距離の引越しの見積もりだったのですが、最高値が53,000円で最低値が21,000円。

なんと32,000円もの差があったんです。

危うくボッタクリにあうところでした。

なので、あなたも損をしたくないなら、一括見積もりをしてみるといいでしょう。もちろん無料でできますし、最短1分で完了です。

詳しく知りたい方は下記リンクをご参照ください。

引越しで損をしないために一括見積もりをする

この記事を書いた人

越前さやか
今までの引越し回数12回の40代主婦。引越しのノウハウについては自信があります!今までの経験を駆使して、みなさんに役に立つ情報をお届けします。