引越しの際の荷造りで、着物の扱いにはとても頭を悩ませるという人が多いことでしょう。 

着物は扱いに気をつけないとシワができてしまったりして後が大変です。 

そんな着物の梱包・荷造りに関する疑問にお答えしていきますね。 

着物の梱包・荷造り方法

引越しのときの着物の梱包・荷造り方法は、通常の衣類のそれとは大きく異なります。 

まず、引越し業者からもらうダンボールやスーパーで集めてきたダンボールには、入れることができません。 

そうしたダンボールに入れるためには、着物を折らなくてはならないからです。 

着物は折ってしまうとシワになり、折り目がついてしまいますので後のケアが非常に面倒になってしまいます。 

ですから、着物は折り目がつかないように・シワができないように細心の注意を払って梱包する必要があるんですね。 

では、一般的なダンボールに入らないのならどうしたらいいのか? 

答えは簡単。 

和服用・着物用ダンボールを使えばいいんです。 

大手引越し業者など経験豊富な業者では、着物用ダンボールも普通に用意されています。 

ですので、見積もりの際に《着物がある》と言うことを前もって伝えておいてください。 

着物用ダンボールが用意されているだけでなく、引越し当日はその扱いについての専門知識を持ったスタッフを派遣してくれることでしょう。 

また、引越し業者の用意する着物用ダンボールのほかに、一般にも販売されているものがありますので、こうしたものを利用して見るのも良いでしょう。

 

こちらは着物用に作られたダンボールなので、折らずに梱包・荷造りすることができてとても便利です。 

また、一般的なダンボールと同じ開き方をする箱なので使いやすく、着物をシワにせずに済みます。 

 

着物の梱包・運ぶ際の注意点

着物を梱包する際・運ぶ際にはいくつかの注意点があります。 

 

着物は手袋をして扱う 

着物を持っている方にとっては当然の事かもしれませんが、着物を扱う際にはきれいな手袋をしてください。 

できれば新品の、布製の手袋だと良いでしょう。 

間違っても、手も洗っていない状態の素手で触るなどと言うことはしないように注意しましょう。 

 

桐箱に入れている場合 

桐箱に入れている場合も同様に、新しい手袋をはめて扱ってください。 

着物と同じように桐箱も汚れがつきやすい性質を持っているので、やたらと触ってはいけないというのが基本となっています。 

 

積み込む際の注意 

着物を入れたダンボールは、水平を保って運ぶ必要があります。 

トラックに積み込む最、スペースの問題などから隙間に縦にして押し込んだり横向きに積むなどといったことのないように十分注意してください。 

縦や横にしてしまえば、せっかく着物用ダンボールに入れてもまったく意味がなくなってしまいます。 

 

着物を手放す場合

使っていない着物、形見の着物…捨てられないでいたけれど、引越しを機に思い切って処分しようか…そんな人もいるかもしれませんね。 

単純に処分するつもりなら、自治体の資源回収で布の日に出せばいいのですが、もし少しでも価値がありそうなら売ると言う方法も検討してみると良いかもしれません。 

こちらの買取プレミアムでは、古い柄の着物や、汚れ・シワになってしまったような着物、無名な作家の着物などどんなものでも買い取ってくれるとして評判です。 

 

利用方法 

出張買取

査定に持ち込みたいけれどなかなか時間が取れない、小さな子供がいて行けないなど、出歩くことが難しい場合におすすめなのが出張買取です。 

フリーダイヤルに電話をして出張査定してもらいたい日時と査定してもらいたい品物の詳細を伝えます。 

その上で訪問日を決定してもらいます。 

査定額に納得できれば、その場ですぐに現金が受け取れ、品物は重くても多くてもすべて運んでもらえます。 

担当者との対面式の査定ですのでわからない事や聞きたいことなどがしっかり聞けて、安心して買い取ってもらえる方法なのでとても人気です。 

 

宅配買取

仕事が忙しくて時間がない、量が多くて運べない、遠くて行けないなどの場合に便利な宅配買取です。 

まずフリーダイヤルに電話をして宅配買取をしてもらいたい旨と品物の詳細を伝えます。 

その上で査定してもらいたい品物と電話で案内された必要書類を一緒に箱詰めし、午前便の指定をして発送します。 

買取プレミアムに到着したらすぐに査定が行われ、査定額の連絡が来ますので、納得できればその場ですぐに現金が振り込まれます。 

 

持込買取

車があるから自分で持ち込める、近所の人に知られたくない、買い取ってほしいものが1つだけしかないからなどの場合に便利なのが持込買取です。 

フリーダイヤルに電話をして、店舗まで持ち込むための予約を取ります。 

完全予約制なので予約なしで持ち込むことはできません。 

予約した日に店舗へ持ち込んで査定してもらいます。 

査定結果に納得ができたら、その場で現金が支払われます。 

 

いずれの買取方法でも、査定結果に違いはなく、専門家によるしっかりとした査定が行われています。 

いくらで売れるのかと言う点については、買い取ってもらいたい着物の状態、質によって異なるため一概には言えない部分もありますが、有名な作家のものや一流と言われるような上質なものしか買い取らないところとは違って、納得のできる結果が得られるようです。 

処分したいけど居間まで気が進まずそのままになっていた…そんな場合は一度査定を受けてみると良いかもしれませんね。 

 



引越しを控えていて、まだ見積もりをとっていない、そこのあなた。引越しで損をしたくないですよね?

筆者は引越しする前に一括見積もりをしてみました。その結果にはおどろきました。

東京都内での近距離の引越しの見積もりだったのですが、最高値が53,000円で最低値が21,000円。

なんと32,000円もの差があったんです。

危うくボッタクリにあうところでした。

なので、あなたも損をしたくないなら、一括見積もりをしてみるといいでしょう。もちろん無料でできますし、最短1分で完了です。

詳しく知りたい方は下記リンクをご参照ください。

引越しで損をしないために一括見積もりをする

この記事を書いた人

越前さやか
今までの引越し回数12回の40代主婦。引越しのノウハウについては自信があります!今までの経験を駆使して、みなさんに役に立つ情報をお届けします。