引っ越しのスケジュールも整ったのに、荷造りがなぜか進まない…何か早く効率よく進むコツってないのかな?とお悩みの方に、ぜひ見ていただきたいおススメの荷造りノウハウをお伝えしちゃいますね。

手を付ける順番がわからない、荷造りが効率よく進むポイントが知りたい、どこから片付けて行けば早く終わる?などさまざまなお悩みを解決するとっておきのコツを集めてみました。

その1.奥の部屋からまず片付けていくのがポイント

 

引っ越しの荷造りが進まない原因は、「どこから手を付けていいのかわからない」からだと言えるでしょう。家全体を全て片付けなくてはいけない、それはわかっているのに、でもまだ生活しているし、引っ越しまで日にちが少しあるし、前部片付けたら困るし…と色々悩みも尽きないものです。

そして、そうやって考えていると結局は荷造りを開始する事ができずに時間だけがどんどん過ぎていく…そんなパターンではないでしょうか。

引っ越しの荷造りは、奥の部屋から順番に片付けていくというのが基本です。手前の部屋や入口付近の部屋から片付けていくと、出入り口付近に荷物が山積みになり、邪魔なだけでなく引っ越し作業そのものの効率を悪くしてしまう事もあるからです。

ですから、基本は奥の部屋から順番に片付けていく…という事になります。そして、そこを荷物置き場として利用するのです。

荷造りをしたダンボールや、収納スペースの中身、梱包の済んだ荷物類は全てそこへ集めていきます。そうすると、引っ越しの荷造りをしながら引っ越し日までの生活にも十分対応できる空間が保てるのです。

 

その2.処分品を出す大掃除感覚で!

 

長い期間生活していると、本当は必要でもないのになんとなく保管している物や、使うかと思って保管しておいたけどやっぱりいらなかった物など、いわゆる不用品が自然とたまっていくものです。

そして、そういった不用品の数々は、収納スペースの奥深くにしまわれ、いつしかその存在も忘れられてしまっているのです。

そこで、どうせ荷物を全部出すこの引っ越しを機に、不用品を洗いざらい出してみるというのはどうでしょうか。本当は要らない不用品までご丁寧に運ぶ必要なんてありませんよね。

だったら、荷造りをしながら不用品を出し尽くして、荷物の量を減らしてしまえば新居での開梱の手間も省けるというものです。

収納スペースにしまわれている荷物は、普段あまり整理整頓するという事はありません。ごくまれに「あれ?どこ行ったかな?どこだったかな?」と探す事があったとしても、年に1回あるかないか…程度ではありませんか?

そうなると、いるものもいらないものも、手つかずになっているはずですから、荷物をきれいにすると言う意味や自分の持ち物を改めて確認すると言う意味でも、不用品の洗い出しをしてみると良いでしょう。

こうして収納の中身も整理整頓してしまえば、荷物が減るだけでなく、次の大掃除の時に大々的な事をしなくても済んでしまう可能性がありますので、後々の手間を省くと言う意味でもおススメなのです。

 

その3.期間限定と割り切って多少の不便は我慢する!

 

引っ越しの荷造りが始まると、何だか部屋にいても落ち着かなくなるものです。あちらにもこちらにもダンボールの山、分解された家具…。でも、引っ越しまでのわずかな期間だけの事ですから、不便さはあるものの、少しだけ我慢して乗り切りましょう。

家の中で最も荷造りや梱包に時間と手間がかかるのがキッチンですが、だからと言ってあまりにも早くから荷造りや片付けをしてしまうと、日々の食事も作れなくなってしまいます。

でも、じゃあ全部出しておくとなると全く片付かず、引っ越しに間に合わなくなる可能性も出てきてしまうでしょう。

そこで、引っ越しの2~3日前からはインスタント物やカップ麺など、簡単にできて片づけも楽なものを用意し、キッチン用品の大半は荷造りを完成させ、それで何とか我慢してやっていくと言う方法を取りましょう。

また、仕事や学校の用品はダンボールにまとめておくものの、まだ使うものとして荷物とは別にしておきます。

こうしておけば、引っ越し当日を迎えた時も、慌てず最終的な荷造りが行えるわけです。引っ越しという大きなイベントを前に、環境だけでなく気持ちも体も落ち着かない状態になりますが、あと○日!とカウントダウンしながら我慢の日々を乗り切っていくようにしましょう。

 

できるだけダンボールに詰めてしまうよう意識すると良い

 

荷造りをしていると、なんだか引き出しの中身などは細かい物がごちゃごちゃと入っていて嫌だなぁと思ったり、どうやって片付けようか悩む事があります。

そんな時は迷わずダンボールに詰めていきましょう。運ぶ側としてみれば、細かい物がごちゃごちゃといくつもあるよりは、1つのダンボールにまとめて入れてもらっていた方が楽ですし手間がかかりません。ですから、できるだけ荷物という荷物はみんな、ダンボールに入れてしまうようにしてください。

また、同じようなサイズのダンボールがズラッと並んでいたほうが積み込む際にも都合が良く、無駄なスペースができずに済むので、突発的な予定外の荷物を一緒に運んでもらう事が可能になる事もあります。もちろん、大切な荷物が破損したりする可能性も少なくなります。

引っ越しの荷造りの基本は、できるだけみんなダンボールに詰める!です。これを意識して作業すれば、思った以上に捗るはずです。

 



引越しを控えていて、まだ見積もりをとっていない、そこのあなた。引越しで損をしたくないですよね?

筆者は引越しする前に一括見積もりをしてみました。その結果にはおどろきました。

東京都内での近距離の引越しの見積もりだったのですが、最高値が53,000円で最低値が21,000円。

なんと32,000円もの差があったんです。

危うくボッタクリにあうところでした。

なので、あなたも損をしたくないなら、一括見積もりをしてみるといいでしょう。もちろん無料でできますし、最短1分で完了です。

詳しく知りたい方は下記リンクをご参照ください。

引越しで損をしないために一括見積もりをする

この記事を書いた人

越前さやか
今までの引越し回数12回の40代主婦。趣味はガーデニングとインテリア。引越しのノウハウには自信があります。今までの経験を駆使して、みなさんに役に立つ情報をお届けします。