寮に引越して新しい生活が始まる!そんな期待で胸いっぱいな思いと同時に、寮への引越しに対するさまざまな不安も抱えている…そんな人も多い事でしょう。

一般的な賃貸住宅とは違い、寮への引越しには独特のルールがあったり、意外に気を使う面もあります。そんな寮への引越しにまつわる色々な問題をピックアップしていきますね!


寮への引越しってどうやるのが一般的?

学生寮や社員寮などの寮への引越しも、一般的な引越し同様に行えば良いでしょう。

引越し業者に依頼する場合は、単身者用のプランもありますし、家族用のプランもありますので、状況に合わせて選択する事ができます。

ただ、中には会社や学校のルールとして、引越し業者が入って良い日程が決められてしまったり、管理人さんが立ち会う事が条件になっていたりする場合もあるので、事前に確認しておく事をおススメします。

また、学校の仲間や会社の同僚などに手伝ってもらい、自分たちで引越しをすると言う場合も少なくないでしょう。その場合も、管理人さんに何か特別なルール等ないか確認しておくのが良いでしょう。

さらに、家具などが付いた部屋への引越しなら、荷物はダンボールだけになりますので、宅配便を利用しても良いでしょう。これならかなり安くあがります。

 

寮への引越しは、時期を考えよう

学生寮や社員寮などへの引越しは、多くの場合、新入学の時期や就職の時期に集中します。つまり、3月頃の引越しが多くなるという事です。

しかし、この時期の引越しはとても混んでいて、引越し業者の予約が取れない事が多いので、寮に入る事が事前に決まっているのなら、早めに引越し作業をしてしまったほうが無難です。

会社や学校の寮なら、一般的な住宅より家賃が安く済むので、少し前倒しで入居する事になったとしても、それほど大きな負担にはならないでしょう。

それよりも引越し業者の確保が出来ない事の方が、大きな問題になってしまう可能性がありますよ。

あるいは、学生寮や単身の社員寮ならしばらくは自宅に荷物を置いておき、引越しの繁忙期が終わった頃に大々的に引越す、それまではとりあえずの着替えや必要な物だけをダンボールなどで送っておくという方法もあります。

3月前後の引越しは、かなり前から余裕を持って予約しておかなければ予定通りにいきませんし、レンタカーも予約がいっぱいで借りられない事が多いので十分注意してくださいね。

 

挨拶は原則「行く!」

寮への引越しの後は、必ず周囲への挨拶に回りましょう。特に社員寮や社宅の場合、一緒の会社で働く人たちですから、最低限のマナーとして挨拶には行くべきです。

ただし注意点としては、寮によっては「挨拶等は特別行わない」などのルールを設けている場合もあるかもしれませんので、入寮が決まった時点で早めに確認をしておく事です。

もしそういった特別なルールがない場合は、社会人として当然のマナーですので、挨拶には回りましょう。学生寮の場合も同様に、挨拶には回っておいた方が無難です。

同じ学校に通う学生同士でも必ず顔見知りとは限りませんが、全く顔も合わせないという事は少ないでしょうし、トラブルを避けると言う意味でも、挨拶には行って置いた方が良いでしょう。

そうでなくても引越しでは作業にかかわる音が発生しやすいので、周囲に不快感を与える事も少なくありません。ですが、挨拶に行っておけばそうした不快感もおさめてくれる事がほとんどなんですよ。

人間って不思議なもので、嫌な思いをさせられても、「ごめんね!」と一言言われるだけでなんとなく気持ちがすっと軽くなりますよね。

それと同じで、引越しでうるさくなりますが…と事前に挨拶に行っていたり、引越し後だとしてもよろしくの挨拶に行くと、ああ、引越しだったのかと流してもらえるものなんです。

 

借り上げ寮だった場合

会社や学校で用意している寮が、民間の賃貸住宅を借り上げたものだった場合も同様に、引越し業者に依頼して一般的な引越しを行えば良いでしょう。

ただ、民間の賃貸住宅を借り上げている場合、周囲に「あの部屋には○○会社(学校)の人が住んでいる」と知られている事が多いので、自宅周辺での素行に気を付ける必要が出てくる場合があります。

最近はちょっと何か周囲と違った行動をしただけでも「変な人」「怪しい人」と言われる事が多い時代になりましたので、そういった事が会社や学校の評価になってしまう心配もついて回ります。

そんな意味もあり、民間の賃貸住宅の借り上げ寮だった場合は、周囲への引越しの挨拶には回った方が良い場合が多いでしょう。

安い家賃で住む事ができて、場合によっては家具や家電なども揃っていて、通勤や通学にも便利な場所に位置している寮ですが、その反面、精神的に窮屈な思いをする事や自由度が低い面も見受けられます。

例えば、プライバシーという点では不安もありますし、常に会社や学校の人たちに見られている気がしたり…、面倒な近所づきあいもしなくてはならないでしょう。そういった点が苦手な人には、寮は向かないと言えそうですね。

 



引越しを控えていて、まだ見積もりをとっていない、そこのあなた。引越しで損をしたくないですよね?

筆者は引越しする前に一括見積もりをしてみました。その結果にはおどろきました。

東京都内での近距離の引越しの見積もりだったのですが、最高値が53,000円で最低値が21,000円。

なんと32,000円もの差があったんです。

危うくボッタクリにあうところでした。

なので、あなたも損をしたくないなら、一括見積もりをしてみるといいでしょう。もちろん無料でできますし、最短1分で完了です。

詳しく知りたい方は下記リンクをご参照ください。

引越しで損をしないために一括見積もりをする

この記事を書いた人

越前さやか
今までの引越し回数12回の40代主婦。趣味はガーデニングとインテリア。引越しのノウハウには自信があります。今までの経験を駆使して、みなさんに役に立つ情報をお届けします。