引越し関連の手続きが一括でできたらどんなに楽でしょう。電気、ガス…とあらゆる所へいちいち連絡するのは、案外億劫で忘れがちなものです。

そんな面倒な連絡全てを一度の手続きで完了できる、画期的なサイトがあるってご存知でしたか?今回は、引越し関連の面倒な手続きを一括で済ませる事のできる、引越れんらく帳について、紹介してみますね!


引越れんらく帳ってどんなサービス?

引越しれんらく帳

引越れんらく帳(http://www.hikkoshi-line.jp/)は、引越しに関連する各方面への住所変更や移転の手続きを一括で済ませる事ができる画期的なサービスで、東京電力が提供しています。

引越しに伴う手続きには色々なものがありますが、中でも電気、ガス、水道のライフラインは必要不可欠なものですのでめんどうくさいかもしれませんが手続きをしなければ生活できず、大変な事になってしまいますよね。

でも、引越し準備中にこうした手続きを全て滞りなく終わらせるという事は本当に大変なもので、うっかり忘れていた…などが発生しやすいものなんです。

そこで、引越れんらく帳を活用!となるわけなんです。

引越れんらく帳で対応できる事業者は、

  • 電気
  • 都市ガス
  • 水道
  • 電話
  • インターネット
  • マイライン
  • クレジットカード
  • NHK
  • 自動車保険
  • 火災保険
  • 新聞
  • 通信販売
  • 郵便
  • 携帯電話
  • 銀行
  • 生命保険
  • ケーブルテレビ
  • プロバイダ
  • JAFなど

となっています。

使い方も簡単で、マイ引越れんらく帳に自分の旧住所と新住所を登録し、連絡が必要な事業者を選んでチェック、送信するだけです。

また、例えば公共料金の部分以外は必要ないと思えばそれ以外のチェックは入れずに手続きを進めていけば良い…といったやり方ができますので連絡不要な場所にまで通知されてしまう事はなく、安心です。

 

引越れんらく帳のメリット・デメリットについて

引越し関連の手続きが一括でできてしまう引越れんらく帳は、忙しい人ほどその恩恵を受ける事ができるサービスだと言えます。

各連絡先にその都度住所を伝えたり入力したり…の手間がなく、一度で終わってしまうのですから、忙しくて時間のない人にはとてもおすすめで、まさに「時短」の強い味方。これが最大のメリットですね。

それだけではありません。

引越れんらく帳は24時間いつでも利用可能なので、仕事が終わって深夜に帰宅してから…などでもOKなんですよ!

一昔前なら、各事業者の営業時間内に電話をかけて連絡しなければならなかったり、インターネットで手続きができると言っても各事業者ごとに連絡しなければならないので同じ事を何度も何度も入力…というめんどうくさい作業がついてまわっていましたが、時間を気にせず引越し関連の手続きができる、しかも一括で全て完了できる。

引越れんらく帳の最大のメリットはこんなところにあると言えるんでしょうね。

では逆にデメリットはどんなところにあるのかというと、対応している事業者の数が少ないと言う点と、手続き後の変更に対応していないという点くらいでしょう。

ガスに関しては都市ガスしか対応していませんので、プロパンガスならやはり別途連絡しなくてはなりません。

水道も、神奈川県に関しては川崎市のみが対応しており、横浜市など他の市区町村は対応していません。

新聞も朝日と毎日のみ、通信販売はディノスとセシールのみ、クレジットカードはDCとNICOSのみ…など、まだまだ対応事業者数が圧倒的に少ない状況です。

ですから、自分が利用している事業者が引越れんらく帳に対応していなかった場合、結局は個別に連絡をしなければならず、引越れんらく帳を利用するメリットがあまり感じられない場合もあると言えます。

また、保険関連や電話などは引越れんらく帳から連絡したからそれで終わり!とはいかず、やはり電話などでの連絡が必要になるケースが多いです。

特に電話の場合は、新規の電話番号を決めなくてはなりませんので、引越れんらく帳での連絡のみでは終わらないんですね。

ただ、これから先は対応する事業者の数も増えていく可能性がありますし、マイナンバー導入に関連して、もっといろいろなサービスが提供されていく可能性がないとも言えないでしょう。

さらに、引越れんらく帳から手続きをした後で変更が生じた場合、引越れんらく帳から変更の手続きをする事ができないので、事業者ごとに個別に連絡をしなければなりません。

そういった点はデメリットと言えそうですね。

ちなみに筆者は、対応していない事業者ばかりと契約していたので、引越れんらく帳を利用しても東京電力とNTTだけしか手続きができない状況でした。

なので引越れんらく帳を利用するメリットが得られないと判断し、利用しませんでした。

おそらく中には筆者のように、引越れんらく帳に対応していない事業者ばかりと契約しているという人もいるでしょう。

もっとも、好き好んでその事業者を利用しているのではなく、水道にしてもガスにしても、部屋の仕様がそうなっているので仕方ないという面もありますよね。

でも、利用している事業者が引越れんらく帳に対応していたとしたら、引越しに関連する手続きの全てが一括でできるので、これほど楽な事はありませんよ。

 



引越しを控えていて、まだ見積もりをとっていない、そこのあなた。引越しで損をしたくないですよね?

筆者は引越しする前に一括見積もりをしてみました。その結果にはおどろきました。

東京都内での近距離の引越しの見積もりだったのですが、最高値が53,000円で最低値が21,000円。

なんと32,000円もの差があったんです。

危うくボッタクリにあうところでした。

なので、あなたも損をしたくないなら、一括見積もりをしてみるといいでしょう。もちろん無料でできますし、最短1分で完了です。

詳しく知りたい方は下記リンクをご参照ください。

引越しで損をしないために一括見積もりをする

この記事を書いた人

越前さやか
今までの引越し回数12回の40代主婦。趣味はガーデニングとインテリア。引越しのノウハウには自信があります。今までの経験を駆使して、みなさんに役に立つ情報をお届けします。