引越しが雨の日だったら、大切な荷物が濡れてしまうからイヤですよね。

もし引越し予定日が雨だとわかっていたら、雨用の対策は何かしたほうが良いのか、業者がやってくれるのか、作業日が変更になるのか…などわからない事がたくさん!

引っ越し日が雨になってしまった場合どうなるのかを色々な角度からまとめてみましたので、参考にしてみてください。


悪天候だと引越しはどうなるの?

引越しは原則的に雨の日でも、そして雪の日でも風の日でも行われます。

これは、標準引越運送約款と呼ばれる引越し業者に与えられたルールの中で、《地震、津波、洪水、暴風雨、地滑りや山崩れ、その他の天災》以外の悪天候を理由に業者側が予定の変更やキャンセルを申し出てはいけないとされているからなんです。

なので、雨や雪で引越しが中止される事はありません。

とは言え、業者は良くてもこちらは大切な荷物を雨や雪で汚したくはありませんよね。

引越しの予定日が雨や雪、台風だと前もってわかっていた場合は自分でも何かしらの対策をする事もできますし日程の変更をお願いだってできますが、当日になって急に…ではどうする事もできません。

でも、そこはあまり心配しなくても大丈夫です。

引越し業者もプロですし、雨の日や雪の日、台風の日の引越しだってすでに経験済みのはず。

雨対策や雪対策の梱包資材を使うなど上手な作業をして、雨や雪から大切な荷物を守ってくれます。

もし心配な場合は、できるだけみんなダンボールに詰め、搬入後はできるだけ早めに荷ほどきを行ってください。

特に家電製品などは水分を嫌いますので、ダンボールに詰めて保護するのは基本です。

 

引っ越し日の変更やキャンセルはできる?

引っ越し日当日が悪天候だとわかっても、業者側から日程の変更やキャンセルを申し出る事はできませんが、客側から申し出る事は可能です。

ただ、申し出る日によってはキャンセル料がかかる場合があるので注意が必要です。

 

《キャンセルの場合》

標準引越運送約款と呼ばれる、引越し業者に与えられたルールの中で、客側から引越し予定日当日、または前日にキャンセルを申し出た場合はキャンセル料を請求できるとしています。

金額は、前日のキャンセル申し出の場合、見積書に記載されている届出運賃の10%以内、当日なら20%以内としています。

また、引越し予定日の2日以上前までにキャンセルを申し出た場合はキャンセル料はかかりません。

具体的には前々日までに申し出た場合がキャンセル料なしでキャンセル可能なギリギリの日という事になります。

 

《日程変更の場合》

引越し予定日の変更の場合も、申し出る日によって違いがあります。

実際には引越しをキャンセルするのではなく日にちの変更なのですが、申し出る日によってはキャンセルの時と同じ扱いとなり、キャンセル料が発生します。

この場合も、引越し予定日の前日の申し出なら見積書に記載されている届出運賃の10%以内、当日なら20%以内を支払う形となります。

そしてキャンセルと同じく、2日以上前(前々日)までに申し出ればキャンセル料を発生させることなく日程の変更をする事ができます。

ただし、変更後の日程は、必ずしも思い通り・希望通りにならない場合もあるので、そこは仕方ないと諦めるしかありません。

また、変更後の引越し予定日がまた雨の日などに当たってしまう可能性もゼロではありません。

このように、引っ越し日当日の悪天候が理由だったとしても、業者側から変更やキャンセルを申し出てくる事はないのでそれなら…とこちらから申し出てしまうと、キャンセル料を支払う事になってしまいかねません。

また、ただ日にちを変更してもらいたいだけだったとしても、申し出るタイミングによってはキャンセルと同じ料金を支払う事になってしまうので、天候の見定めが難しいところですね。

ですから、引っ越し日が決定したら、週間天気予報を入念にチェックし、当日の天候が悪そうだと判断できたら、できるだけ早めに日程の変更やキャンセルを申し出たほうが損がありません。

 

日にちの変更は簡単な事ではない

引越しのキャンセルは、言ってみれば「その日にやるはずだった作業がなくなった」だけなので、引越し業者にとっては利益が少し減っただけの話です。

ですので、キャンセル料が発生する時期の申し出ならキャンセル料を受領する事で穴埋めし、それ以前の申し出だった場合は他の引越し作業を入れる事ができるので大きな問題にはならない場合が多いものです。

ところが日にちの変更はそうはいきません。

変更の場合はその作業がなくなるのではなく、他の日にうつるだけなので新たにどこかに予定を組み込む必要があります。

ですが、通常はもうすでにある程度先まで予定が組まれている事が多く、新たな作業の予定を割り込ませる事は簡単にはできないんですね。

そのため、変更の場合は次の引越し予定日が少し先になってしまう事が多いんです。

また、この日がいいという希望が通らない事も多いです。

そうなると、今住んでいる部屋の退去日の関係で面倒な手続きも出てくる可能性がありますよね。

さらに、変更後の引越し予定日が晴天とは限りませんので、また雨の日になってしまう可能性も否定できません。

このように、引越しが雨の日になってしまったから日にちを変更…というのは、簡単そうに見えて実はとても複雑な作業が必要になっているんですよ。

 



引越しを控えていて、まだ見積もりをとっていない、そこのあなた。引越しで損をしたくないですよね?

筆者は引越しする前に一括見積もりをしてみました。その結果にはおどろきました。

東京都内での近距離の引越しの見積もりだったのですが、最高値が53,000円で最低値が21,000円。

なんと32,000円もの差があったんです。

危うくボッタクリにあうところでした。

なので、あなたも損をしたくないなら、一括見積もりをしてみるといいでしょう。もちろん無料でできますし、最短1分で完了です。

詳しく知りたい方は下記リンクをご参照ください。

引越しで損をしないために一括見積もりをする

この記事を書いた人

越前さやか
今までの引越し回数12回の40代主婦。引越しのノウハウについては自信があります!今までの経験を駆使して、みなさんに役に立つ情報をお届けします。