引越し業者は色々あるけど、やっぱり大手が安心で品質も良いものなの?

費用の面や補償面、作業の内容なんかも実際はどうなのか知りたい!

…という人も結構いますよね。

CMなどで大々的にアピールしている大手引越し業者ですが、引越しを頼んだ場合のメリットやデメリットについて、解説していきますね。


「大手」って?

どの業界にも「大手」と言われる企業はありますが、同じように引越し業者にも大手が存在しています。

具体的には、テレビCMなどでも大々的にアピールしているアート引越しセンターや日通、引越しのサカイなどが大手引越し業者としては有名なところでしょう。

こうした「大手」と呼ばれる引越し業者のほとんどが全国各地に支店を持ち、そのネットワーク力を生かして遠距離の引越しにも対応しています。

大手と呼ばれる強みはそんな所にあると言えますね。

 

大手引越し業者で引越しをするメリット

大手引越し業者に引越しを頼むメリットは、次のようになります。

 

安心感がある

テレビCMなどで存在感をアピールしている大手ならではの安心感がそこにはあります。

大手だから変なことにはならないだろう、というイメージができているせいだと言えますが、業者によっては本格的な教育制度もあるのでまんざらイメージだけではありません。

大切な荷物を安心して任せられる事につながります。

 

教育制度が整っている

業者によっては教育制度が充実している場合があります。

挨拶から荷物の運び方や扱い方法など、研修を受けているスタッフが多いのも大手ならではです。

せっかくの引越しでいやな思いをしなくてすむ事につながります。

 

万一の補償もしっかりしている

引越し作業中に万一荷物が破損してしまった場合も、補償制度がしっかりしているので安心できます。

大切な荷物を安心して任せられる事につながります。

 

遠距離でも対応可能

全国展開している業者がほとんどなので、そのネットワーク力を生かして遠距離の引越しにも余裕で対応してくれます。

また、空路や航路を使わなければならない場合にも専門業者と提携している場合が多いので、自分で色々手配する面倒さが全く感じられないのも大手ならではの強みです。

 

各種サービス・オプションが充実している

引越し以外のサービスが充実している場合が多いです。

例えば不用品処分や買取、ペットの移送、車の輸送、さまざまなサービスを展開している業者が多いので、全く知識がなくて困っていた場合も安心してすべて任せられるでしょう。

 

荷物の一時保管などにも対応している

退去と入居のタイミングが合わない場合や立替などで一時的に引越す場合、自社倉庫などに荷物を一時保管してくれるサービスがあるのも大手ならではでしょう。

中にはそれほど大規模ではない業者も一時保管サービスを行っている場合がありますが、たいていは貸しコンテナに保管するタイプのものなので、品質は良くありません。

 

引越し作業に理解が得られる

一目で「引越し作業中だ」とわかるトラックが来るので、路上駐車をして作業をしていても周囲からの理解が得られやすい傾向があります。

「引越し作業中だから仕方ない」と思ってもらえる事はとても大きな事ですよ。

 

他にも、契約すると非売品のキャラクターグッズをプレゼント、見積もりしたらオリジナルグッズプレゼントなど、さまざまなサービスを多数展開しているのも大手ばかりといえます。

 

大手引越し業者で引越しをするデメリット

一方で、大手引越し業者に頼んだ場合のデメリットも存在しているんですよ。

 

料金が高い

中小の業者と比べると、料金設定が高くなっています。

大手ともなると競争相手がそれほど多くないためか、中小のように破格!とは行かないのが現状です。

その証拠に、繁忙期には値引き交渉には一歩も譲らないと言う姿勢を示す業者もあり、単身者の引越しなのに10万円以上の見積もりを出すところも少なくありません。

ただ、閑散期ともなるとその値引き額は中小の比ではないくらい大きくなり、まさに半額ともいえるほどの料金で引越しができる場合もあります。

そこもあるいい大手ならではと言えるのでしょう。

 

アルバイトが多い

大手引越し業者だからこそ、アルバイトの比率が大きいです。

るバイトの求人サイトでもかなりの募集が出ていますし、実際の引越し作業に来る人たちもアルバイトが多い傾向があります。

正社員だけで作業してほしい、アルバイトはイヤ、と言う人には大手は向かないと言えそうですよ。

 

繁忙期は予約が取れない

繁忙期ともなると予約すら取れなくなる事がとても多いです。

希望通りの日に引越しができないだけでなく、曜日も時間もすべて業者の都合…となる事がほとんどです。

場合によっては断られる事もあり、この点は中小の方が融通が利きやすいです。

 

付加作業に疑問点が多い

エアコン移設も同時に申し込める事が多いのですが、実際の作業は提携業者が行っているので追加料金が発生することがとても多いです。

エアコン業者にしてみればそこで儲けなければ…という方針なのでしょうが、客側は「引越し業者に騙された」と言う感覚を持つものです。

筆者は先日の引越しで、引越し業者の言っていたエアコン移設費用の8,000円はすべて込みだと思っていたのですが、実際にきたエアコン業者はその2倍の16,000円を請求して帰っていきました。

結局、エアコン移設だけで24,000円も支払った事になり、電気屋さんに頼んだほうが安かったと言う結果を得ました。

 

見積もり・契約時に不要な申し込みを強要される

見積もりや契約の際に、「新聞を半年間購読してもらえればあと○円安くします」のような形で別の契約を迫ったり、ウォーターサーバーの申し込みやネット回線の申し込みを強要する営業マンも多いです。

また、契約や申し込みはしなくてもいいから「相談」の申し込みだけをしてもらいたい…などもあります。

こうした事が面倒でイヤだという人には大手は向かない場合もあります。

この他にも、訪問見積もりの営業マンの態度が悪かったり対応が悪かったりする場合もあります。

大手だから絶対満足度100%かと言うと、実はそうでもないんですね。

 

中小との比較

大手引越し業者と中傷の引越し業者を比較してみると、安心感や料金、遠距離への対応などさまざまな点で違いが見えてきたでしょう。

大手だから必ずしも誰もが満足できるかと言うとそうでもなく、中小の方が満足度が高い場合もあります。

特に料金面では中小の方が有利な面もあるので費用重視の場合は中小にも見積もりを依頼してみたほうが良いでしょう。

ただ、補償面では中小は大手にかないません。

筆者の経験では、中傷は荷物の破損に対してとんでもない対応を取る所もありました。

弟の引越しの際に家財道具と床に傷をつけたため補償を申し出たところ、100円ショップで売られているようなクレヨン型の「傷隠し」を郵送してきたんです!

謝罪の文面等もなく、ただそのクレヨンが封筒に入っていただけでした。

この対応には正直、驚きました。

こんな対応が本当にあるんだと思うと、補償面重視の人には中小はおすすめできません。

それに引き換え、大手は申告もまともでした。

電気ポットの入ったダンボールを搬入作業の際に落としてしまったらしく、正直に申し出てくれました。

ハッキリ言ってそんな事は黙っていたらわからなかった事なのに、消費気に申告してくれたことに感動したのを覚えています。

ですので、補償面では大手は圧倒的に強いです。

いろんな面で違いがありますし、業者によっても差はありますが、自分が求めるクオリティを満たしている引越し業者を見つけられるといいですね。

 



引越しを控えていて、まだ見積もりをとっていない、そこのあなた。引越しで損をしたくないですよね?

筆者は引越しする前に一括見積もりをしてみました。その結果にはおどろきました。

東京都内での近距離の引越しの見積もりだったのですが、最高値が53,000円で最低値が21,000円。

なんと32,000円もの差があったんです。

危うくボッタクリにあうところでした。

なので、あなたも損をしたくないなら、一括見積もりをしてみるといいでしょう。もちろん無料でできますし、最短1分で完了です。

詳しく知りたい方は下記リンクをご参照ください。

引越しで損をしないために一括見積もりをする

この記事を書いた人

越前さやか
今までの引越し回数12回の40代主婦。引越しのノウハウについては自信があります!今までの経験を駆使して、みなさんに役に立つ情報をお届けします。