引越しの時、原付やバイクは荷物と一緒に運べるのかな?ダメならどうやって運ぶの?

車よりは小さいけど運ぶとなったらとても大きな荷物であるバイク。安全に、でも安く運ぶためのポイントを紹介しましょう。

 

バイクも陸送・輸送が可能

車の引越しと同様に、原付も陸送や輸送が可能です。ただ、その費用については、バイクの大きさや移動距離によって異なるため、ケースバイケースになります。

一例としては、東京から大阪の距離で小型バイクなら40,000円前後と言った所ですが、詳しい料金についてはバイクの輸送を行っている業者のホームページなどで確認したほうが確実でしょう。

大型バイクなどであれば、ある程度の距離は自分で運転して運ぶ事も可能ですし、そのほうが圧倒的に費用が掛からずに済みます。

ただ、車と違って天候に左右される面がある事や、季節によってはとても辛い移動になってしまう事もありますので、距離がある場合は陸送や輸送と言う手段を取った方が賢明です。

また、原付の場合にはそもそも排気量がなく、長距離を走るにはかなりの苦労がありますので、最初から陸送や輸送という事で考えたほうが無難でしょう。

とは言え、近場での引っ越しならわざわざ陸送や輸送をしなくても、自走で運ぶ事が可能です。

ちなみに、筆者は自家用車に原付バイクを積んで運んだ経験があります。

当然、倒れないように抑えておく必要はありましたが、自家用車でも運べる事に驚きました。

引越しに関わる費用を最小限に抑えたい、そして荷物が詰める自家用車がある場合は、そんな方法も取れそうですよ。

 

バイク輸送の準備と注意点

原付やバイクを引越しする場合、車と同じようにガソリンタンク内にガソリンが残っていないように気を付けてください。

車の時にもお話しましたが、ガソリンが残っていると危険物として扱われてしまうため、輸送ができなくなります。

ですので、陸送や輸送をしてもらう際には、ガソリンの抜き忘れには特に注意が必要です。

バイク輸送の準備としては、倒れやすい形状、不安定と言う意味で、転倒に備えてある程度の保護をしておくと良いでしょう。

例えばミラーなどは破損しやすいので注意が必要です。

また、もちろん、車の時と同様に貴重品を置いておいてはいけません。

 

原付の手続きとその方法

原付の引越し手続きは、転居先がどこなのかによって大きく異なります。

 

同一市区町村内での転居の場合

同一の市区町村内で引越しをした場合、転居届と呼ばれる書類を提出するだけで手続きは完了します。他には何も必要な手続きはありません。

 

他の市区町村や県外への転居の場合

他の市区町村や県外などに引っ越した場合の手続きには

  • 廃車証明書
  • 標識交付証明書
  • 新しい住所地での住民票
  • 印鑑

が必要となります。

これらの手続きをする事で、納税書なども新住所地へきちんと届くようになりますのでできるだけ早めに済ませておきましょう。

 

バイクの引越し手続きとその方法

原付以上の大きなバイクの場合、手続きは少し複雑になってきます。

 

250ccまでのバイク

125ccから250ccまでのバイクの場合は、住所変更の際に次のような物が必要になります。

  • 軽自動車届出済証(車検証)
  • 自動車損害賠償責任保険証明書
  • 新しい住所地の住民票
  • 印鑑
  • ナンバープレート(変更がある場合)

 

251cc以上のバイク

251cc以上のバイクの場合は、住所変更の際に次のようなものが必要になります。

  • 手数料納付書
  • 自動車検査証(車検証)
  • 自動車損害賠償責任保険証明書
  • 新しい住所地の住民票
  • 印鑑
  • ナンバープレート(変更の場合)

いずれの場合も、原付とは異なり、申請先は新住所地を所轄する陸運支局になります。

また、料金は申請用紙代がおよそ100円程度、ナンバープレートの変更がある場合は600円前後となります。

これらの手続きを行う事で、納税関連の書類も確実に届くようになります。

時間が無かったりなかなか忙しくてこれらの手続きが行えなかった場合、こうした納税関連の書類が届かなくなり、納税が済んでいなければ車検に通す事ができないなどさまざまな問題が発生してしまいますので、時間を見つけて早めの手続きを行いましょう。

もし、自分で行くことがどうしても無理な場合は、委任状を用意すれば他人の代行でも可能になります。

 

引越しを機にバイクを手放す選択肢も

普段あまり乗っていないバイクなら、引っ越しを機に売却してしまうという事も考えて良いでしょう。高いお金を払って陸送や輸送をしても、結局のらないのであれば売却したほうが無駄がありません。

乗らずに動かなくなってしまう前に、まだ動く間に売った方が高い値がつくと言えるんですよ。

また、乗らないなら売却してしまったほうが、無駄な税金を払わずに済みます。

乗らなければお金がかからないというものなら保管しておいても良いのでしょうが、乗らなくても税金はかかり、車検に通す必要もあり…となるなら、引越した後の扱いについて真剣に考えても良いでしょう。

 



引越しを控えていて、まだ見積もりをとっていない、そこのあなた。引越しで損をしたくないですよね?

筆者は引越しする前に一括見積もりをしてみました。その結果にはおどろきました。

東京都内での近距離の引越しの見積もりだったのですが、最高値が53,000円で最低値が21,000円。

なんと32,000円もの差があったんです。

危うくボッタクリにあうところでした。

なので、あなたも損をしたくないなら、一括見積もりをしてみるといいでしょう。もちろん無料でできますし、最短1分で完了です。

詳しく知りたい方は下記リンクをご参照ください。

引越しで損をしないために一括見積もりをする

この記事を書いた人

越前さやか
今までの引越し回数12回の40代主婦。趣味はガーデニングとインテリア。引越しのノウハウには自信があります。今までの経験を駆使して、みなさんに役に立つ情報をお届けします。