引越しをしたらNHKにも住所変更の連絡をする必要があるのか、その場合はどうやるのか、引越しを機に解約は可能なのか…NHKに関する疑問はたくさんありますよね。

これまで払っていた人はもちろん、これから契約しようとする人や、これまで払っていなかった人も含めて、これらの疑問が解決できるよう、お手伝いしてみますね!


NHKも住所変更をしておく必要があった

引越しをしたら、NHKの住所変更も必ず行ってください。NHKの受信料契約は、住所ごとになっています。

ですので、引越しをしたのに住所変更をせずにおくと、旧住所地と新住所地の両方で受信料を払うよう求められてしまう可能性があるからです。

また、住所変更せずに放置しておくと、他人の分まで支払う事になりかねないんですよ。

例えば自分が退去した部屋に後日他の誰かが入居した場合、住所変更がなされなければ「住所変更していない=まだそこに住んでいる」と処理され、もうそこに住んではいないのに後で入居したその誰かの分を支払い続けていく事になってしまうんです。

逆に、退去した後滞納や不払いになった場合、後で入居したその誰かのもとに「料金払ってください、滞納ですよ」とNHKの人が訪問してくる事になるわけです。

住所変更をしない事で、自分が損してしまうだけでなく、誰かに迷惑をかける事にもなりかねませんので、必ず住所変更はしておきましょう。

さて、その住所変更の仕方は簡単!NHKの連絡先に電話をかければ良いだけです。

電話なんてしてる暇がない、長話になるのは困る、という方は、ホームページからでも住所変更が行えるので、そちらを利用してみてはいかがでしょうか。

 

受診料を払っていなかった場合

これまでNHKの受信料を払ってこなかった場合はどうなってしまうのでしょうか。「払ってこなかった」も2種類あるので、それぞれに見てみます。

 

未払い(未契約)の場合

NHKとの契約自体をしておらず、未払いとなっていた場合は引越しをしても特に何の変化もありません。

これまで同様に、時々予定していなかった訪問者があらわれ、「受信料契約をお願いします」と言ってくる事があるくらいです。

 

不払い・滞納(契約済み)の場合

NHKとの契約はしてあるものの、払いたくない・払い忘れていた・解約忘れなどの理由で不払いや滞納を続けていた場合、支払義務と不払い・滞納期間分の料金は消えません。

引越しと同時に住民票を異動する事で居場所がわかってしまう場合があるので、逃げ切れるとは言えないのでしょう。

ただ、この支払義務も5年で時効が成立すると言われていますし、転居先が不明の場合には内部で自動解約扱いになるとされています。

とは言え、最近は見せしめのような形で不払い者が裁判に訴えられるといったケースも増えていますので、受信料契約がしてある場合は分割などの方法を使ってでも支払いをして言ったほうが無難でしょう。

 

引越しを機に解約したい!その場合は?

引越しを機に、NHKとの受信料契約を解約したい場合、どのように手続きをすればスムーズに行くでしょう?

一般に言われているのは、「普通の契約とは違って、NHKの解約は非常に難しい」という事です。

テレビを観ないから、NHKは観ないから、といった理由は受け付けてもらえず、テレビがない、捨てたのような理由も、職員によっては「証拠を見せろ」と言ってくるので通用しないと思ってください。

ただ、筆者はケーブルテレビを引き込まなくてはいけない家に引越した時、ケーブルテレビの契約をしていなかったので「ケーブルの契約をしてないから観たくても観られない」としてお引き取りいただけた事があります。

実際、ケーブルの契約はしていなかったので観られませんでしたが。そして現在の家もケーブルテレビの家ですが、やはり契約をしていないのでNHKの訪問者は来ません。

では、解約できる最も身近な方法をご紹介しますね。ご実家などがNHKとの契約をしている事が前提になりますが、「実家に戻る」として解約する事ができます。

その後本当に実家に戻ったかどうかまで確認する事はほとんどありませんので、ご実家が受信料契約をしているのなら、こうした方法で解約する事が可能になります。

解約の仕方は、電話でも良いですしホームページからでも良いでしょう。電話だと色々詮索されてしまいそうなので、個人的には筆者はホームページからの手続きをおすすめします。

 

NHKの訪問はどこに引越しても来る

引越し前の家にNHKの人が訪問してきていて、引越し後も来るのか不安に思う人はとても多い事でしょう。NHKの人は、どこへ引越しても訪問してきます!

定期的に回っているようで、アンテナなどの確認をしながら訪問しています。

筆者も「あのアンテナは?」と訪問を受けた事がありますが、アナログの際のアンテナだった事と、ケーブルテレビの家に変更されていた事でお帰りいただけました。

これまで普通に受信料を支払っていた場合は突然の訪問に驚く事もないのでしょうが、これまで払ってこなかった場合は、突然の訪問はちょっとビックリですよね。

引越しが多くなる時期は、特にこうした動きも活発化しますので、心の準備だけはしておいた方が良いでしょう。

 



引越しを控えていて、まだ見積もりをとっていない、そこのあなた。引越しで損をしたくないですよね?

筆者は引越しする前に一括見積もりをしてみました。その結果にはおどろきました。

東京都内での近距離の引越しの見積もりだったのですが、最高値が53,000円で最低値が21,000円。

なんと32,000円もの差があったんです。

危うくボッタクリにあうところでした。

なので、あなたも損をしたくないなら、一括見積もりをしてみるといいでしょう。もちろん無料でできますし、最短1分で完了です。

詳しく知りたい方は下記リンクをご参照ください。

引越しで損をしないために一括見積もりをする

この記事を書いた人

越前さやか
今までの引越し回数12回の40代主婦。趣味はガーデニングとインテリア。引越しのノウハウには自信があります。今までの経験を駆使して、みなさんに役に立つ情報をお届けします。