引越しの際、新居まで一直線に引越しをするのではなく、途中で指定場所に立ち寄ってもらえる立ち寄りプランがあります。 

実家に立ち寄って荷物の積み下ろしをしてから新居へ向かったり、同居する相手の家に立ち寄って2軒分の荷物を積んでもらったり、いろいろな利用法があります。 

今回は、そんなお得な立ち寄りプランの利用方法について紹介していきますね。 

立ち寄りプランって?

引越しの際、引越し先にそのまますぐに行くのではなく、途中で立ち寄りたい場所があるんだけど無理なのかな…と考えたことはありませんか? 

たとえばほかの場所においてある荷物を一緒に運んでもらいたいとか、逆に、ほかの場所に不要な荷物を下ろして行きたいとか…そんな場合です。 

実は今、こうしたニーズにこたえるべく、引越しの際にほかの場所に立ち寄る《立ち寄りプラン》を導入している引越し業者が多くなっています。 

一般的な手順としては、まず自分の部屋の荷物を積み終わったら、立ち寄り先へ向かいます。 

立ち寄り先で荷物の積み下ろしを行い、それから引越し先へ向かいます。 

同棲や結婚の際に引越し費用を抑えるために、こうした立ち寄りプランを利用した引越しをする人が増えています。 

また、実家やトランクルームに立ち寄って荷物を積み下ろしたり、リサイクルショップに立ち寄ったりと、さまざまな使い方をする人も多くなっています。 

いずれも新居に行くまでの間に特定の場所に立ち寄ってもらうことで引越し費用を大幅に抑えることができるので人気があります。 

 

同棲・結婚の場合 

同棲や結婚の際に2軒分の荷物を1度に運んでもらえるので費用の面で大幅に削減できるというメリットがあります。 

もし個別に引越し業者を依頼すれば、単純に見積もっても2回分の引越し費用を支払うことになりますので無駄が大きくなってしまいますよね。 

でも1度に2軒分の引越しを同時に行えば、トラックは1台で済み、作業員も増員せずに済みます。 

それだけでも料金面ではとても大きな差が出ます。 

ただし、立ち寄りプランの場合「1台のトラックに積み切れる荷物量」であることが大前提になるので、積み切れなかった場合は、例えば再度引っ越し業者に依頼する・自力で運ぶなど別途手段を考えなくてはなりません。 

 

別の場所の荷物を積み下ろしの場合 

実家やトランクルームなどに立ち寄っていらない荷物を置き、必要なものを持ってくる場合や、不用品をリサイクルショップに持ち込む場合などに便利です。 

引越し後に自力でこういった作業をするのも意外に面倒で重労働ですので、引越しのついでにやってもらうと良いでしょう。 

 

立ち寄りプランの費用

立ち寄りプランを利用する場合、特別な料金が必要になる業者と、無料で利用できる業者があります。 

大手のほとんどが立ち寄りプランに対する別途料金は請求していませんが、例えばファミリー引越しセンターなどは立ち寄り料金を5,000円として請求しているようです。 

費用を節約したい場合は、立ち寄りに別途費用がかかるかどうかを確認してから依頼するようにすれば無駄がありません。 

 

立ち寄りプランの見積もりの取り方

立ち寄りプランを利用したい場合、立ち寄り先までの距離、立ち寄り先で荷物を積み込む場合はその量を明確に伝える必要があります。 

引越し業者が訪問見積もりに来てくれた際に、立ち寄り先がある事・そこまでの距離がどれくらいになるか・荷物の量を伝え、見積もってもらいましょう。 

ただ、距離や荷物の量によっては断られる場合もあります。 

例えば荷物の量に関しては、トラック1台で積み切れる量であることが大前提になりますので、載らない分は積み残すか別途依頼という形になります。 

また、依頼元→立ち寄り先→引越し先の距離が業者の定める規定を超える場合には引き受けてもらえず、断られるという可能性があります。 

例えば、依頼元(東京)→立ち寄り先(大阪)→引越し先(栃木)などのような場合は無理だと思って間違いないでしょう。 

 

立ち寄りプランは絶対お得?

立ち寄りプランを利用すれば、2回分になるはずの引越し費用を1回分に抑えることができるので理論的にはお得という事が言えます。 

ただ、例えば繁忙期に立ち寄りプランを利用して引越した場合と、閑散期に2軒分の引越しをそれぞれ行った場合とでは、料金面では大差ないといえる場合があるんですよね。 

ですので、繁忙期に2軒分の引越しをするなら立ち寄りプランが確実にお得になるといえ、それ以外の時期の場合は微妙な場合もあるのかもしれません。 

もし1台のトラックに積み切れると思って依頼したものの積み切れなかった場合は、それ以外に追加で依頼することになるので余分な費用がかかってきてしまいます。 

また、2軒分の荷物を一緒のトラックに載せるということは、本来の予定よりも大きなトラックを用意する必要が出てくる可能性もないとは言えませんよね。 

トラックのサイズが大きくなれば基本料金も高くなりますので、立ち寄りプランが必ずしもお得とは言えない場合もあるのかもしれません。 

ただ、それでも人件費という部分では節約できるので利用する価値は十分にありそうですね。 

 



引越しを控えていて、まだ見積もりをとっていない、そこのあなた。引越しで損をしたくないですよね?

筆者は引越しする前に一括見積もりをしてみました。その結果にはおどろきました。

東京都内での近距離の引越しの見積もりだったのですが、最高値が53,000円で最低値が21,000円。

なんと32,000円もの差があったんです。

危うくボッタクリにあうところでした。

なので、あなたも損をしたくないなら、一括見積もりをしてみるといいでしょう。もちろん無料でできますし、最短1分で完了です。

詳しく知りたい方は下記リンクをご参照ください。

引越しで損をしないために一括見積もりをする

この記事を書いた人

越前さやか
今までの引越し回数12回の40代主婦。引越しのノウハウについては自信があります!今までの経験を駆使して、みなさんに役に立つ情報をお届けします。