引越し費用は誰もが安く抑えたいと思うものです。 

ことに単身者の場合は、荷物量も少ない上にお金がない学生も多いので、できれば10万円以内で抑えたいと考える人がとても多くいます。 

今回は、そうした人向けに、引越し費用を10万円以内に抑えるためのポイントをいくつか紹介してみますね。 

物件選びでのポイント

引越し費用を10万円以内に抑えるためには、あらゆる場面で無駄を省く必要があります。 

その第一歩として、物件選びで抑えておくべきポイントを紹介しましょう。 

 

初期費用(敷金・礼金)がかからない物件 

最近特に目立っているのが、初期費用のかからない物件です。 

これはいわゆる「ゼロゼロ物件」などとも呼ばれるものですが、通常かかるはずの敷金および礼金が一切不要になっているので、初期費用を大幅に抑えることができます。 

ただ、敷金もかからないこのタイプの物件は、退去時に別途ルームクリーニング代を請求されるか、契約時に前もってルームクリーニング代を支払っておく形になるので、契約時に支払う形の場合は敷金ありの物件と大差ない場合が多くなります。 

これとは別に、ルームクリーニングがなされない「現状渡し」のために敷金なしとしている物件もあります。 

これは、入居時にルームクリーニングもされていない《前入居者が出て行ったそのままの状態での入居》が条件となっている代わりに、退去時にルームクリーニング代を支払う必要がないというものです。 

とてもお得な制度なのですが、前の人が使っていたそのままの状態が気持ち悪いという人には向いていません。 

 

仲介手数料不要の物件 

不動産会社が自社で所有・管理している物件は、仲介手数料がかかりません。 

家賃や敷金・礼金には消費税が加算されませんが仲介手数料には消費税が加算されるなど、仲介手数料だけは別格の扱いがなされているので、この部分を節約することができると大きな効果が見込めます。 

ただ、自社物件の場合、インターネット上の物件情報サイトにはあまり出てこないので検索できる数としては多くありません。 

これらは、契約時の無駄を省くために重要なポイントです。 

敷金は退去の際のルームクリーニング代として使われたり、壊してしまった箇所の修理代に使われるなど目的がはっきりしており、また、必要となる費用なので納得できるものです。 

しかし礼金や仲介手数料に関してはすべての人が納得しているわけではありません。 

なんでそんなの必要なの?と思う人も多いですよね。 

ですので、そういった部分が不要になっている物件は、引越し費用を10万円以内に抑えるためには有効と言えそうです。 

 

家具付の物件 

単身者用のアパートなどには、家具付の物件も多く存在しています。 

こうしたところを契約するのであれば、不要な家具類は処分して引越しができるので、うまくいけばダンボールだけで引越し…という事も可能です。 

家具などがなく、ダンボールだけならレンタカーで運ぶこともできますし、赤帽など安いところを利用しても良いでしょう。 

また、最近単身者の間ではやっている、ゆうパック引越しなども可能になります。 

 

引越し業者選びのポイント

複数の業者から見積もりを取る 

引越し業者を選ぶ際は、1社だけでなく必ず複数社からの見積もりを取る事が重要です。 

単身者の引越しの場合、訪問見積もりは必須ではなく、電話だけでも見積もりをしてもらうことが可能な場合が多いので、一括見積もりなどを利用して一気に複数社からの見積もりをもらってください。 

その上でもっとも納得できる内容の見積もりを出してくれたところ、対応などが良かったところ、いろいろな視点で決定していくと良いでしょう。 

 

自力での引越しもあり 

納得できる見積もりが出てこなかった場合、レンタカーを借りて自分で引越しをするという方法もあります。 

ただ、遠方の場合は逆に高くついてしまう場合が多いので、近場の場合に限って有効と言えます。 

また、自力での引越しは友人や知人などに手伝ってもらう事が多いので、御礼などを考慮すると業者に依頼した場合とそれほど変わらない事もあります。 

 

引越しプラン選びのポイント

基本は自分でやる方向 

引越しプランはあらゆる無駄を省いて費用を安く抑えるためですので、梱包や荷造りは自分でやるというプランを選択すると良いでしょう。 

今は引越し各社がこぞって「単身者向けプラン」を提供していますので、サービス内容や1BOXの容量、料金などを比較してみましょう。 

ただ、もし荷物が多くて普通の単身者用プランでは積みきれず、普通にトラックを1台用意してもらうプランになる場合、料金が一気に跳ね上がる可能性もあります。 

 

時間はお任せで 

引越し費用は、時間帯によっても異なります。 

同じ日なのに時間帯が違うというだけで大幅に費用が節約できる…そんなことも珍しくありません。 

基本的に安く引越しができるのは、「午後便」「フリー便」と呼ばれるものです。 

引越し作業開始の時間がハッキリしておらず、前の作業が終わり次第といった形になる場合が多いので、それを条件として費用が安くなっています。 

どうしてもこの時間に!という要望がない場合は、こうしたプランを利用すると費用を抑えることができます。 

 

平日がお得 

どうしても引越しは土日に集中しがちです。 

そこであえて平日を狙って引越しをするというのも費用節約の重要ポイントです。 

繁忙期・閑散期にかかわらず、平日の引越しはお得なんですよ。 

 

閑散期が狙い目 

引越しには繁忙期と閑散期があります。 

繁忙期は3月前後の人が大移動する時期で、逆に人があまり動かない6月や7月、10月、11月などは閑散期と呼ばれています。 

繁忙期の引越しは、ハッキリ言って料金が通常の2倍くらいになるのも当たり前で、しかも予約すら取れない事が多くあります。 

それくらい引越しの需要が多い時期なので、この時期に引越しをしようとすれば単身者であっても10万円以内というのは厳しくなる可能性があります。 

ですので、可能なら閑散期を狙って引越しをすると良いでしょう。 

閑散期は引越し業者も予約がほしくて仕方ないので、大幅な値下げ交渉にも応じてきます。 

 

条件さえそろえば10万円以内も実現可

単身者の場合、家族と比べて荷物量が少ないので引越し費用を安く抑えることはそれほど難しくありません。 

ただ、時期やプランの選び方によっては安くできるはずの引越し費用を安くすることができない場合もあるので、こうした節約術を知っているのと知らないのとでは大きな違いが生まれてきます。 

引越し費用の相場はあってないような物といわれるくらいですので、それならできる限り安く抑えて引越しをしたいものですよね。 

 



引越しを控えていて、まだ見積もりをとっていない、そこのあなた。引越しで損をしたくないですよね?

筆者は引越しする前に一括見積もりをしてみました。その結果にはおどろきました。

東京都内での近距離の引越しの見積もりだったのですが、最高値が53,000円で最低値が21,000円。

なんと32,000円もの差があったんです。

危うくボッタクリにあうところでした。

なので、あなたも損をしたくないなら、一括見積もりをしてみるといいでしょう。もちろん無料でできますし、最短1分で完了です。

詳しく知りたい方は下記リンクをご参照ください。

引越しで損をしないために一括見積もりをする

この記事を書いた人

越前さやか
今までの引越し回数12回の40代主婦。引越しのノウハウについては自信があります!今までの経験を駆使して、みなさんに役に立つ情報をお届けします。