本意ではないけれど夜逃げという形で引っ越しをしなければならない。 

そんな人は、意外にいるものです。 

最近はストーカー被害などの問題もあり、女性の夜逃げが多くなっている現状もあります。 

でも夜逃げってどうやるの? 

自分ひとりでもできる? 

専門の業者っているの? 

…など、さまざまな疑問にお答えしていきますね。 

夜逃げ…どうやればいいの?

ニュースでもよく目にするストーカー被害やDVに関する報道。 

昔は「特殊な人たちが起こす問題」と思われてきましたが、最近は誰でも起こす可能性が指摘されています。 

そんな安心できない時代になった今、ストーカー被害やDV被害などから逃れるために本意ではない「夜逃げ」という形での引っ越しを選択する人が急増しています。 

ただ、この「夜逃げ」。 

自力でやろうとしてもできるものではありません。 

一切荷物などいらない、体ひとつで逃げる!と言う場合は可能ですが、荷物をほかの場所へ持っていく普通の引っ越しと同じ感覚で考えたのなら、絶対に無理だとあきらめて下さい。 

また、大手引っ越し業者に依頼などしたら、それこそ「今、引っ越し作業をしています」と世間に公表しているのと同じ。 

引っ越し業者の名前入りトラックが横付けされて長時間にわたる大掛かりな作業、物音…周囲に引っ越しだと気づかれないわけがありませんよね。 

そんな意味でも、大手引っ越し業者に夜逃げの依頼をすることは不可能です。 

そもそも、夜逃げは深夜などに行われる事がほとんどですから、時間帯を考えても無理な話ですし。 

ですので、夜逃げをする場合は夜逃げ専門の業者に依頼するのが一般的な方法と言えます。 

 

夜逃げは夜逃げの専門家に依頼

命の危険すらあったとしても、実際に被害が出なければ警察など動いてはくれません。 

そんな命の危険から身を守る手段として、夜逃げがあります。 

でもこんな事を相談できる相手もいない、夜逃げしたくてもどうやっていいかわからない、そんな風に悩む人は実際にはとても多いようです。 

夜逃げをする場合、一般的な引っ越し業者では対応不可能なので、夜逃げ専門の業者に依頼することが大切です。 

ただ、最近の社会情勢もあってか、夜逃げに対応可能とする業者も増えてきていますが、そのほとんどは夜逃げとは無縁の生活を送ってきている人たちばかり。 

これでは本当に安心して夜逃げの依頼をすることができません。 

http://soudan24.info/ 

ここは夜逃げ屋TSCというサイトですが、この夜逃げ屋は過去に夜逃げの経験があるスタッフたちによって運営されているため、本当の意味で《被害者の気持ちを理解》し、最善を尽くしてくれています。 

例えば夜逃げ後の住民票の非開示の手続きや精神的なサポート、警察への対応、法的手続きにいたるまで、あらゆるサポートが行われています。 

実際、筆者も夜逃げ同然の形で引っ越しをした経験があります。 

筆者の場合はDVで、生まれたばかりの赤ん坊を抱えて家を出なくてはならなかったので荷物は一切いらない、子供と自分の体ひとつで…という形でした。 

そのため、引っ越しといっても荷物もなくとても簡単なものでしたが、元夫の実家への訪問は頻繁に行われ、居場所を聞き出そうとする行動が目立ったようでした。 

どこへ逃げてもあちこちを探し回ったり、関係先を訪問するなどの行動をとることは目に見えています。 

そのため、下手に外出すれば発見されてしまったりと危険がついて回ります。 

そんなことを考えると、夜逃げ後のいろいろなサポートがあるというのは本当に心強く、法的手続きをはじめ、ろいろな手続きを代行してくれたりするのは本当にありがたいことですよね。 

そんな被害者の気持ちまですべて汲み取って対応してくれる夜逃げ屋TSCは、ほかの夜逃げ業者にはない安心感があるといえそうです。 

 

料金と依頼方法は?

夜逃げ屋TSCの安心感とその実績はホームページを確認してもらえば一目瞭然です。 

筆者も自身が夜逃げ同然に引っ越しをしたあの頃にこの業者のことを知っていたら依頼していたかもしれません。 

依頼方法は、まず電話かメールにて相談をし、女性の担当者との打ち合わせの日程を決めます。 

DVなどの場合は加害者が同居しているので連絡をされたらバレてしまう等の危険がある場合は、その旨も伝えておくようにします。 

その上で、打ち合わせ当日に女性担当者と実際に会って見積もり、日程の決定等行います。 

費用は、事前に一部を着手金として支払う形になります。 

また、夜逃げの費用ですが、一般的な引っ越し同様に「荷物の量・移動距離・必要な作業員数・時間帯」などの条件によって異なります。 

ただ、一般的な引っ越しと比べて割高になることは明確です。 

しかし、作業内容やその後のフォロー等の事を考えると、決して驚くほど高い・べらぼうな料金設定…とは言い切れません。 

というのは、夜逃げ屋TSCの作業は基本的には30分程度で終了するなど、とても迅速でスピーディー、夜逃げと気づかれる前に作業終了が可能な対応をしてくれているからです。 

誰にも気づかれずに引っ越す夜逃げだからこそ、作業の迅速さは何よりも大切です。 

このように、夜逃げ特有の希望や要望、こうであってほしいという願いがしっかりと受け止められている、そんな夜逃げ屋なんだという印象です。 

 



引越しを控えていて、まだ見積もりをとっていない、そこのあなた。引越しで損をしたくないですよね?

筆者は引越しする前に一括見積もりをしてみました。その結果にはおどろきました。

東京都内での近距離の引越しの見積もりだったのですが、最高値が53,000円で最低値が21,000円。

なんと32,000円もの差があったんです。

危うくボッタクリにあうところでした。

なので、あなたも損をしたくないなら、一括見積もりをしてみるといいでしょう。もちろん無料でできますし、最短1分で完了です。

詳しく知りたい方は下記リンクをご参照ください。

引越しで損をしないために一括見積もりをする

この記事を書いた人

越前さやか
今までの引越し回数12回の40代主婦。引越しのノウハウについては自信があります!今までの経験を駆使して、みなさんに役に立つ情報をお届けします。