何でも屋に引越しを頼んだ場合、引越し業者と比べてどんな違いがあるのか、メリット・デメリットはどんなところにあるのか、知りたい人は多いですよね。

特に引越し繁忙期は、引越し業者で予約が取れない場合が多いので、何でも屋、便利屋に依頼するというケースも多く出てきます。

そこで今回は、何でも屋・便利屋を使った引越しについて、紹介してみます。


何でも屋・便利屋での引越し?

引越しに何でも屋や便利屋を使うという発想は、あまり一般的ではありませんよね。

何でも屋、便利屋は幅広くいろんなことに対応してくれますが、決して引越し作業に特化しているわけではありません。

ですから、引越し作業を依頼して本当に大丈夫なのか?という不安を抱く人も多いでしょう。

とはいえ、業者によってはいろいろな方面で即戦力となる人材を確保しているところもありますので、全く信頼できないと言う事はありません。

実は筆者は、何度目かの引越しの際、便利屋を頼んだ事がありました。

忘れもしない、引越し繁忙期の3月でした。

どこへ頼んでも予約はいっぱい、料金は高額…そこで便利屋を当たってみる事にしたわけです。

当時住んでいた横浜のマンションから、千葉県の一戸建てまで片道およそ60キロの距離、荷物の量は3LDKで筆者と子供の2人分でしたが、高速代もすべて込みで8万円ジャストでした。

しかも、急な依頼だったのに対応してもらえたので、決して高いとは感じませんでしたが、どうでしょうか。

 

何でも屋・便利屋での引越しのメリット

何でも屋・便利屋を使った引越しのメリットには、次のようなものがあります。

 

1.都合がつきやすい

引越しの繁忙期ともなると、どの引越し業者に問い合わせても予約がいっぱいだとして断られる事が少なくありません。

ですが、引越し先はもうすでに決まり退去の予定も決まっている場合、引越し業者が見つからないからと言ってすべてをやめるわけにはいきませんよね。

自分でトラックを借りてきて作業と言う事も考えられますが、さすがに一人ではどうにもなりません。

そんな場合にも、何でも屋・便利やなら対応可能な場合が意外に多いものなんですよ。

実際、筆者も切羽詰った状況で便利屋に引越しをしてもらっています。

 

2.料金が比較的安い

繁忙期の引越し業者の料金は、はっきり言ってボッタクリにも似た感があります。

ここぞとばかりに割高な料金設定をしている事はわからなくもないのですが、それではあまりにもこちらの都合は無視しすぎています。

ところが何でも屋・便利屋は料金設定が時間単位や作業員数などによって決まっている場合が多いので、同じ作業を依頼しても季節によって料金に差があると言う事はあまり見られません。

ですので、引越し繁忙期に引越し作業を依頼するなら何でも屋・便利屋のほうがお得に済むと言えます。

このように、都合がつきやすくて料金が安い場合が多い何でも屋・便利屋は、「都合どおりに引っ越したい、でも料金が高すぎるのは困る」と言う人に最適です。

たとえば進学のために地方から都会に出てくる学生や、就職のために都会へ出てくる新社会人など、お金に余裕はないけど入社や入学には絶対に間に合わせなければならない…というようなケースです。

 

何でも屋・便利屋での引越しのデメリット

何でも屋・便利屋での引越しのデメリットには、次のようなものがあります。

 

1.対応地域が限定的

何でも屋・便利屋は幅広い範囲の色々な作業を代行してくれるとても心強い存在ですが、対応地域を限定して営業している場合が多いのが特徴です。

たとえば都内、県内、関東地方のみ、一都三県のみ、など周辺地域だけを対象としていることが多いんですよ。

ですから、長距離の引越しには向かない事も多く、仮に対応してくれたとしても費用は高くなる可能性があります。

 

2.引越しのプロではない

何でも屋・便利屋は引越し作業も請け負ってくれますが、決して引越しのプロではありません。

そのため、作業が手抜き、雑である事は否めません。

また、破損等があった際の補償もない場合が多いです。

 

3.荷造り・梱包用品が提供されない

引越し業者だったらくれるダンボールやガムテープなどは、何でも屋・便利屋の場合くれません。

すべて自分で用意する必要があります。

ですので、スーパーなどでダンボールをもらってくる等の工夫が必要です。

 

このような感じで、何でも屋・便利屋を引越し作業に使った場合のデメリットをあげてみました。

結果、遠方への引越し、質にこだわる人には何でも屋・便利屋を使った引越しには向かず、また、ダンボールなど梱包用品の調達が面倒・無理と言う人にも向かないことがよくわかります。

 

どの業者でもメリット・デメリットはある

引越し業者を使ったから良い事ばかりだったかというと、筆者の経験上はそうでもありません。

何でも屋・便利屋での引越しも、そう悪いものではありませんでしたよ。

なんといっても都合どおりに引越しができましたし、荷物の破損等も全くありませんでした。

筆者の個人的な感想を言えば、引越し業者に依頼して経験の浅いアルバイトの学生っぽい人たちが作業をするのよりは、人生経験も豊富そうな便利屋のほうが頼もしく思えたものです。

どんな業者に依頼したとしても、メリット・デメリットは必ず存在しています。

その中でどれなら自分的に許せるか、どこまでが許せないか、そんな線引きをした上で引越し業者に依頼するのか便利屋に依頼するのかを決めていくと良いでしょう。

 



引越しを控えていて、まだ見積もりをとっていない、そこのあなた。引越しで損をしたくないですよね?

筆者は引越しする前に一括見積もりをしてみました。その結果にはおどろきました。

東京都内での近距離の引越しの見積もりだったのですが、最高値が53,000円で最低値が21,000円。

なんと32,000円もの差があったんです。

危うくボッタクリにあうところでした。

なので、あなたも損をしたくないなら、一括見積もりをしてみるといいでしょう。もちろん無料でできますし、最短1分で完了です。

詳しく知りたい方は下記リンクをご参照ください。

引越しで損をしないために一括見積もりをする

この記事を書いた人

越前さやか
今までの引越し回数12回の40代主婦。引越しのノウハウについては自信があります!今までの経験を駆使して、みなさんに役に立つ情報をお届けします。