引越し時期を決めるに当たって避けて通れないのが「六曜」です。聞きなれない言葉かもしれませんが、「大安」や「仏滅」などの言葉は聞いたことがあるかと思います。

それに加えて、「先勝、友引、先負、赤口」の四つを加えて「六曜」といいます。六曜は、日本では冠婚葬祭、その他催事の日取りを決める際に大きく影響するので、内閣人事もこの六曜を気にして行われているほどです。

6つの日柄にはそれぞれ意味づけがあり、何かを行うにあたって吉な日、凶な日が決まっています。大安>赤口>先勝>友引>先負>仏滅の順番で割り当てられる六曜ですが、1週間が7日なのに対して割り当てられているのが6つであったり、毎月1日の六曜は決まっていたり、とルールが複雑なので何月何日がどの日柄かというのはパッとわからないことがほどんどです。

六曜を知りたいのであれば、カレンダーに書いてあることが多いので、カレンダーを見るのが良いです。では引越しに適した六曜の日柄はいつなのでしょうか。

 

何事においても良いのが「大安」

何をするにも縁起が良い日柄とされているのが「大安(たいあん)」です。婚礼やお祝い事、もちろん引越しを行うにも一番縁起が良い日取りです。縁起を一番に気にするのであれば大安がベストといえます。

しかしその反面、デメリットもあります。それはベストであるがゆえに、この大安の日に人気が集中してしまうことです。人気が集中することによって、引越し業者の予定がとれず日程が先に先にと延びてしまう、また引越し料金が高くなるという事が起こります。

これは避けようの無い事態ではあるのですが、スケジュールと予算の都合なども考えて、大安をあえて避ける人達もいます。

 

次点で良いとされる「友引」

「友引(ともびき)」は、勝負事などの決着がつかず引き分けになる日、とされるものです。災いがまわりの人に及ぶ日であるという解釈もあり葬儀や弔事は避けますが、反対に喜びごとを人におすそ分けする日であるとも言われます。

大安の次に吉日であるとされていて、めでたい行事には選ばれることも多い日です。友引の日は、1日のなかで吉凶が分かれており、夕方にはたいへん縁起が良いのですが、正午は凶と言われていますので、引越しをするなら正午付近にスタートしないように気をつけましょう。

 

短時間で終わる引越しなら「先勝」「先負」

引越しで大安の日がどうしても予定が合わないというときに、その次に選ぶべき日程と言えるのが「先勝」「先負」の日柄です。「先勝(せんしょう・さきがち)」は、物事を早く進めることが良いとされてている日柄で、1日の中では午前中が吉とされています。

引越しとなると午前中に行うのが多いですので、大安が埋まっているときには先勝の日を選ぶのも良いでしょう。「先負(せんぶ・さきまけ)」は、万事急ぐことなく落ち着いて行うことが良いとされている日柄です。

先勝と対をなして、午前は凶だけれど午後が吉とも言われており、引越し業者が忙しい午前をあえて避けるなら、先負の日程も良いですね。

 

引越しは避けるべき「赤口」

仏滅の次に縁起が良くない日柄とされていて、何をするにも用いない日柄、特に引越しに関しては一番避けるべき日と言われているのが「赤口(しゃっこう)」です。

1日の中では、正午付近であれば吉とされている日ですが、それでも引越しを避けた方がよいのは、赤口には様々な忌み事を連想させる点があるためです。

赤口の「赤」という字は「火」を連想させるものであり、火の元、つまり火事をも連想させますので、引越しという点ではとても縁起が悪く、避ける人が多いです。

 

やっぱり良くない?「仏滅」

お祝い事には良くない大凶日とまで言われるのが「仏滅(ぶつめつ)」です。物事すべてが滅びるという意味があり、六曜のなかでももっとも縁起の良くないとされている日柄です。

この日には何事も遠慮すべし、とされていて、結婚式などでは仏滅の日が一番少なく、引越しについても同様に避けられることが多いです。

物事が滅んで、新しく作られる日なので、何かを始めるには都合が良い日柄という解釈もありますが、それでも凶日であるこの日には、なにか大事なことを行うのは避けるべきでしょう。

 

まとめ

六曜は万事を行うにあたって吉凶を知るための指標です。引越しを考えているのであれば、やはり大安の日程が良いのですが、引っ越すにあたってある程度の時期も決まっているかと思いますので、スケジュールの都合や予算の都合などもあるかと思います。

逆に避けるべき日としては「仏滅」「赤口」があります。それ以外の日程であれば、1日の中での吉の時間に事を行うことを意識すれば、選べる日程も広がってくることと思います。

また、日取りを六曜で決めることに限らず、家の中の風水を考えることによって運気を上げることができます。引越しで新居に住むことは風水を考える最高のタイミングですので、日程は六曜を参考に、方位や家具の配置は風水を参考にして、開運パワーを高めましょう。

 



引越しを控えていて、まだ見積もりをとっていない、そこのあなた。引越しで損をしたくないですよね?

筆者は引越しする前に一括見積もりをしてみました。その結果にはおどろきました。

東京都内での近距離の引越しの見積もりだったのですが、最高値が53,000円で最低値が21,000円。

なんと32,000円もの差があったんです。

危うくボッタクリにあうところでした。

なので、あなたも損をしたくないなら、一括見積もりをしてみるといいでしょう。もちろん無料でできますし、最短1分で完了です。

詳しく知りたい方は下記リンクをご参照ください。

引越しで損をしないために一括見積もりをする

この記事を書いた人

越前さやか
今までの引越し回数12回の40代主婦。趣味はガーデニングとインテリア。引越しのノウハウには自信があります。今までの経験を駆使して、みなさんに役に立つ情報をお届けします。