繁忙期真っ只中の3月の引越し!?料金は高いし混雑してて予約は取れないし、絶対無理!と周囲は言うけど、実際どうなのか?本当に3月の引越しは無理なのか、さまざまな角度からその実態について紹介してみますね。

3月・4月の引越しって実際どうなの?

引越しは3月・4月が最大の繁忙期です。特に3月は、進学、就職、転勤など環境の変化に伴った《人の移動》が最も増える時期ですよね。

当然、そんな3月の引越しは色々な面でリスクが大きいと言えるのですが、でもだからと言って引越しをしないという選択肢はなかなか選べない…そんな人もかなり多いはずです。

そこで、3月の引越しのメリットとデメリットについて、まとめてみました。

 

3月の引越しのメリット

進学や就職などで4月から新しい生活をするためには、遅くても3月末までには引越しておきたいものですよね。

この場合、新居の契約時期を3月中に設定する事で余分な重複期間が発生せずに済みますし、家賃だけ払ってまだ住んでいないという無駄を最小限に抑える事ができるんですね。

なので、3月に引越しをするメリットは、家賃の重複を防ぎ、無駄を省くことができると言う点になるでしょう。

また、この時期に引越す人はとても多いので、「自分だけ新参者…」という疎外感を感じずに済むと言う点もメリットになります。

さらに集合住宅などでは特に、この時期に新しく入居する人が多いとわかっているので引越し作業に関しても理解を得やすく、最初からトラブルという事にはなりにくいでしょう。

 

3月の引越しのデメリット

3月の引越しには、実はデメリットがたくさんあるんです。

年間を通して最も人が移動する時期なので、とても混雑していて希望した日に引越しの予約が取れず、断られるなんて事も珍しくありません。

しかも、そうした事態は平日でも同じで、引越しで良く言われる「土日や吉日を避ければ大丈夫」は3月に関しては全く通用しないんです。

とは言え、新しい生活のために間に合わせる必要があるのですから、諦めずに多くの引越し業者をあたり、空きがないか問い合わせてみましょう。

場合によっては帰り便や混載便などで対応可能な事も出てくる可能性があります。

また、3月の引越しは、料金が高いです!ただ高いのではなく、相場よりも高いんです!

これにはいくつかの理由があるんですが、とにかく多忙な時期になるので人件費がかかる事、そしてトラックが出払ってしまう事などがあります。

トラックが出払ってしまった場合、他の業者からトラックを借りてきて作業をすると言う場合も、実はあるんです。

このように、通常よりも多くの経費が掛かる事などから、3月の引越しは相場よりも料金が高くなりがちなんですね。

でも、それでも安い日を見つける事はできないのか…そう思いますよね。そんな場合は、フリー便や日程を業者にお任せという形で聞いて見てはどうでしょうか?

おそらく作業時間は夕方から夜間になる事が多いですが、それでも多少は料金を抑えられるはずです。

筆者も3月の引越しは数多く経験してきました。住んでいる部屋の契約時期というのは、契約期間を残して前倒しで退去しない限り、いつも同じなんですよね。

なのでいつも2月や3月の引越しばかりでした。

何か所も聞いて回ったものの、3月・4月は無理と断られ、レンタカーも予約がいっぱいで無理…そんな状況でした。

家賃の重複はもったいないですが、こうした事を考えると、ほんの少し時期を前倒しにして引越すという事も必要だったのかなと今さらながら思います。

あとは、引越し時期を後ろにずらす事です。4月も下旬になれば少しは空きが出て来ますので、予約も取りやすくなります。特に平日は狙い目でしょう。

3月中は無理でも、4月も後半になってくれば繁忙期も終了間際ですので料金の高騰ぶりも少しは落ち着いてきます。

安い日があるとは言えない状況ですが、それでも落ち着きは取り戻しつつある時期…と言えるでしょう。

それに、周りとは少し時期がずれたとしても、まだまだ4月の引越しなら「自分だけが…」と思う事もありませんので、こうした方法も検討してみる価値があるでしょう。

 

3月・4月の引越しを安く済ませるには!?

1年の中で最大の繁忙期と言われる3月に引越しをしたい、でも予約が取れない、料金が高い、どうしよう?3月は数えきれないほど多くの人が全く同じ悩みを抱える、そんな時期でもありますよね。

そんな時は、可能な限りの荷物を、宅配便で新居に送りましょう。ダンボールは普通の宅配便で十分送れますし、家具類だって家財宅配便などを利用すれば運ぶ事ができてしまいます。

また、自家用車で運べる物は自分で運ぶ、それも無理でどうにもならない場合は処分も検討!…と、安く済ませる方法はいくらでも見つかります。

3月や4月は、引越し料金が安くなる事はありません。それなら宅配便で家具類を1個ずつ運んでもらったって同じ事ですよね。この時期だからこそ、料金的には差がないはずです。

家族を残して自分だけ新居へ移ると言う場合は、荷物は残しておいて引越し業者が暇になった頃に改めて引越しをすれば良いのですが、家族全員で転居すると言う場合は、今住んでいる所を明け渡す必要があるので色々問題も大きいですよね。

明け渡しに間に合うように引越しができない…そんな場合は、荷物を預かるサービスを展開している業者もありますので、相談してみるのも良いでしょう。

 



引越しを控えていて、まだ見積もりをとっていない、そこのあなた。引越しで損をしたくないですよね?

筆者は引越しする前に一括見積もりをしてみました。その結果にはおどろきました。

東京都内での近距離の引越しの見積もりだったのですが、最高値が53,000円で最低値が21,000円。

なんと32,000円もの差があったんです。

危うくボッタクリにあうところでした。

なので、あなたも損をしたくないなら、一括見積もりをしてみるといいでしょう。もちろん無料でできますし、最短1分で完了です。

詳しく知りたい方は下記リンクをご参照ください。

引越しで損をしないために一括見積もりをする

この記事を書いた人

越前さやか
今までの引越し回数12回の40代主婦。趣味はガーデニングとインテリア。引越しのノウハウには自信があります。今までの経験を駆使して、みなさんに役に立つ情報をお届けします。