引越しの時、テレビだけ運んでもらいたいけどそんな事できるのかな?

自分で運ぶ場合は何に注意すればいいか、いらないから処分するって場合はどうすればいいのか等、引越しの際のテレビの扱いについて、紹介してみます。


テレビの引越し、梱包とかはどうやるの?

引越しの時のテレビの梱包方法ですが、テレビは精密機器なので基本的には元箱に収めるようにします。

買った時の元箱や梱包材を残してあれば、買った時の状態に戻して箱詰めするという梱包方法が最も安全です。

もし捨ててしまって元箱がない場合は、ダンボールなどで画面を保護する形で梱包するようにします。

以前のテレビはブラウン管だったので、そこまで厳重な梱包はしなくても大丈夫でしたが、最近のテレビはほとんどが液晶画面になっていますよね。

液晶画面は押されたりすることにとても弱いので、できるだけ厳重な保護をする必要があるんです。

それに、衝撃にもとても弱く、ちょっとした衝撃でも故障の原因になってしまいます。

同じ場所にずっと設置されていたテレビは、台座の下にある滑り止めがテレビ台に貼りついてしまっている可能性もあります。

無理にはがそうとするとかなりの力が必要になりますし、テレビ自体に衝撃を与えてしまうので、動かす際には注意してください。

引越し業者に任せておくと、専用の梱包材で梱包して運んでくれます。

大手引越し業者Sでは、ダンボールで作った画面保護用の梱包材の上から布の梱包材をかぶせて慎重に運んでくれていました。

新居に到着した際も、傷等は全くなく、安全に運ばれたことがよくわかりました。

もし自分でテレビの梱包ができない・自信がないという場合は、引越し業者に任せるのが安全と言えそうですよ。

ただし、リモコンは紛失しないように自分で「ここ」とわかる場所に保管しておくようにしてください。

 

処分する場合の方法

引越しを機にテレビは処分して買い替える場合、その処分の仕方にはいくつかの方法があります。

 

1.リサイクルショップに売る

あまりにも古い型のテレビでなければ、十分に買い取ってもらえる可能性があります。

自分の持っているテレビの型番やメーカーを調べた上で、リサイクルショップに相談してみましょう。

ただ、この場合のデメリットは、型やメーカーによっては断られる場合がある事、自分で持ち込まなくてはならない場合がある事です。

 

2.下取りに出す

電器店で新しい物を購入する際、下取りに出します。

この方法なら古いテレビを電器店に持って行き、処分してもらう事が出来る上、新しいテレビは引越し先に届けてもらう事もできるので一石二鳥です。

この場合のデメリットは、全国的に店舗を展開している大型電器店なら問題ありませんが、地元密着の電器店だった場合、新居が遠方だと対応不可能になる可能性がある事、下取りに出すテレビは自分で持ち込む必要がある事です。

 

3.引越し業者に頼む

引越しの際、不用品処分を行っている引越し業者もあります。

処分をする場合と、リサイクル品として買い取ってくれる場合がありますので、見積りの際に営業マンに相談しておくか、引越し作業中に作業員に相談する事で対応してくれます。

この場合のデメリットは、処分する場合の費用が相場より高い事です。

筆者が21型ブラウン管のテレビを処分してもらった時、6千円もの費用を請求されました。

基本的にテレビは粗大ゴミには出せないものなので、こうした方法が最も一般的です。

 

テレビだけの引越しなら、宅配業者にお任せ

引越しで運んでもらいたいのはテレビだけ…という場合、引越し業者に依頼するのではなく、宅配業者に依頼したほうがずっとお得です。

ただ、一般的な宅配会社では、運べる品物のサイズに制限を設けています。

具体的には、三辺合計が170センチ前後までとしている所がほとんどなので、それを超えるサイズのテレビは運んでもらう事ができません。

ですので、それを超えるサイズの荷物を運べるサービスを提供している所を探す必要があります。

例えば大手宅配会社のヤマト運輸などは、家具類を1個からでも運んでくれる家財宅配便というサービスを展開しています。

これなら運んでもらいたい家具や家電のサイズによって料金設定が異なる上に1個からでも対応してくれるので無駄がありません。

しかも運送のプロですので安心です。

料金は運ぶ地域(距離)とサイズによって異なりますが、例えば山形から神奈川まで、三辺合計が200センチまでのテレビの場合、4,536円となっています。

想像していたより安く済むという印象がありますよね。

他には、自分で運ぶという方法もあります。筆者は山形から神奈川へ戻ってくる際、テレビは自分で運びました。

普通乗用車には乗せる事ができなかったので、軽自動車の後部、荷物を載せる部分に置いて運ぶという無謀な事をやってみました。

もちろん、毛布などで厳重にくるんだ上で、です。結果、何の問題もなく到着し、故障や異常も見られませんでした。

ただ、やはりプロと素人の運送には雲泥の差がありますので、安心・安全に運びたい場合は宅配会社に依頼したほうが良さそうですね。

 



引越しを控えていて、まだ見積もりをとっていない、そこのあなた。引越しで損をしたくないですよね?

筆者は引越しする前に一括見積もりをしてみました。その結果にはおどろきました。

東京都内での近距離の引越しの見積もりだったのですが、最高値が53,000円で最低値が21,000円。

なんと32,000円もの差があったんです。

危うくボッタクリにあうところでした。

なので、あなたも損をしたくないなら、一括見積もりをしてみるといいでしょう。もちろん無料でできますし、最短1分で完了です。

詳しく知りたい方は下記リンクをご参照ください。

引越しで損をしないために一括見積もりをする

この記事を書いた人

越前さやか
今までの引越し回数12回の40代主婦。趣味はガーデニングとインテリア。引越しのノウハウには自信があります。今までの経験を駆使して、みなさんに役に立つ情報をお届けします。