引越しの時、インターネット回線も一緒に引越しをしなくてはなりませんが、その方法や手続きって難しそう…とおっくうになりがちですよね。

引越し先でも快適にインターネットが使えるようにするために必要な手続きやその方法、ポイントなどを紹介してみますね。


引越したらインターネットはどうなるの?解約?

インターネット回線やプロバイダが、引越しのたびに使えなくなる事はありません。引越し先でそのプロバイダや回線が利用できさえすれば、そのまま継続する事ができるのです。

ですから、引越しが決まったら早めにプロバイダに連絡して、引越しに関する指示を仰ぎましょう。

引越し手続きが簡単に完了する方法の案内や、開通まで期間が開いてしまう場合のお得なプランなどの情報も得られる可能性があります。

もちろん、引越しの時にいい機会だからプロバイダも回線も変更しよう!という事も可能です。

今は、引越し業者がインターネット回線のお得な情報を提供してくれる事も少なくありませんので、引っ越し見積りの時にインターネットについて聞かれたら情報収集してみるのも良いでしょう。

 

引越し先でも継続して同じプロバイダ・回線を使う場合

引越し先でインターネットを使うのに、同じプロバイダ、同じ回線・プランを使う場合はそれほど難しい手続きはありません。

まず、プロバイダに電話をかけて、引越しをする旨とその日程、新住所、引越し先でも今と同じ回線・プランを使いたい旨を話します。

すると、新住所で今と同様の回線やプランが使えるかどうかを確認してくれ、地域や回線の種類によっては使えない、または使えたとしても不安定な状態になる場合があるなどの判定を受けます。

もし同じ回線やプランが使えない場合は、その地域で利用可能な回線やプランの案内がありますので、どのようにするか決めます。

具体的には、光回線なら使えるがADSLは使えない…などです。

もし問題なく同回線・プランが利用できるようなら、旧住所地での廃止の日程、新住所地での開通の日程が組まれ、その際に必要な作業が伝えられます。

ほとんどの場合、自動的に設定が変更されるようになっていますので、新住所地で予定通りネット回線に接続すればインターネットが使えるようになっている事が多いです。

同じプロバイダ、同じ回線・プランを引き続き利用する場合の手続きはこれだけです。

 

引越し先では別のプロバイダ・回線を使う場合

引越しと同時に、インターネットの回線およびプロバイダを変更する場合は、今使っているプロバイダに解約の連絡をしなければなりません。

また、同時に新しいプロバイダとの契約もしなくてはなりません。では、まず解約の手続きについて解説していきますね。

現在のプロバイダへの解約の連絡を入れる前に、利用しようとしているプロバイダや回線が確実に使えるかどうかを確認しておいてくださいね。

解約してしまってから「使えなかった…やっぱり前のプロバイダに戻そう」となってしまうと損をする事が多いので注意してくださいね。

確認ができたら、いつまでの利用で解約したいかを連絡しましょう。

電話でもプロバイダのホームページからでも可能ですが、電話で連絡をすると「実はこんなお得なプランがあるんですよ」など、お得な情報をくれる事もあるので、電話がおススメな場合もあります。

連絡を何日前までにすれば良いか…については、プロバイダごとに規定がありますので、事前に確認しておくようにしましょう。

例えば、○日までに解約通知ができた場合は○月分まで利用料がかかる…など、細かな規定があるはずなので、無駄のない時期に解約の申し出をすると良いでしょう。

次に、新しいプロバイダとの契約です。

契約しようとしているプロバイダへの連絡は、電話でもできますしインターネットを利用してもできます。

ただ、現在のインターネット回線を解約してからではできないので、その前に申し込みをしておくようにします。

新住所地で利用が可能か、希望のプランはどれか、などを提出すると工事予定日が通知され、パソコンの設定などに関する書類が送られてきます。

接続可能になったら、説明通りにパソコンの設定をすれば完了です。

たいてい、どこのプロバイダでも新規契約についてはお得なキャンペーンを適用してくれたり、○ヶ月利用料無料!などがありますので、お得なこうした情報を上手に利用するようにしましょう。

ただ、注意したいのがネット回線が開通するまでの通信です。もちろん工事などが行われない限り、ネットは使えません。

もし常にインターネットを使う必要がある場合は、レンタルルーターを使うと良いでしょう。

もしくは、プロバイダの中には開通までレンタルルーターを貸してくれるところもあります。そういったプロバイダを選ぶと良いでしょう。

 

お得なプロバイダ選び

今は、インターネットが十分に普及し、使っていない人の方が少ないというほどの状況になっています。同時にプロバイダも多数存在しており、会社ごとに様々な特徴があり、魅力も多種多様です。

そうなってくると、「どのプロバイダがいいの?」という素朴な疑問が生まれてきますよね。プロバイダの数が多すぎてどれがいいかわからない…ありがちなパターンです。

まずはインターネットを使う頻度や使い方などを明確にしてみましょう。

例えば時々インターネットにつないで情報収集する程度なのか、仕事に使うのか、ホームページを作って楽しむのか…それによって選ぶ回線やプランが決まってくるので、まずはそこから始めましょう。

自分の使い方、適した回線やプランが決まったら、プロバイダごとに料金を比較するなどしていけば良いのです。

また、プロバイダを使わないという方法も、実はあるんですよ。

筆者は某フリーメールを利用している人限定として出ていたキャンペーンを見つけ、ADSL回線を契約しましたが、プロバイダを利用していないので月々の利用料はたったの1,500円です。

その代わり、プロバイダから与えられるはずのメールアドレスはありません。

自分の使い方をよく把握してみると、プロバイダからのメールアドレスはほとんど使っていなかった事、ADSL回線でもインターネットを使って仕事ができる事がわかったので、激安路線に走りました。

今でもこの回線を利用し続けていますが、全く何の問題もなくインターネットが利用できています。

筆者の半紙は余談ですが、インターネットで検索するとお得なプロバイダは本当にたくさん出て来ます。

電話回線の移転の時にNTTからも案内される事がありますが、「○ヶ月無料」や「実質○○円」「○○円キャッシュバック」などプロバイダごとにさまざまなキャンペーンを実施している事が多いので、細かな計算をしてどこが実際には一番お得なのか、よく検討してみると良いでしょう。

 



引越しを控えていて、まだ見積もりをとっていない、そこのあなた。引越しで損をしたくないですよね?

筆者は引越しする前に一括見積もりをしてみました。その結果にはおどろきました。

東京都内での近距離の引越しの見積もりだったのですが、最高値が53,000円で最低値が21,000円。

なんと32,000円もの差があったんです。

危うくボッタクリにあうところでした。

なので、あなたも損をしたくないなら、一括見積もりをしてみるといいでしょう。もちろん無料でできますし、最短1分で完了です。

詳しく知りたい方は下記リンクをご参照ください。

引越しで損をしないために一括見積もりをする

この記事を書いた人

越前さやか
今までの引越し回数12回の40代主婦。趣味はガーデニングとインテリア。引越しのノウハウには自信があります。今までの経験を駆使して、みなさんに役に立つ情報をお届けします。