最近は多くの引越し業者でレディースパックと呼ばれる引越しサービスを展開しています。

主に単身女性を対象としたサービスなのですが、男性作業員ばかりが来るのを不安に思う人からはとても好評で、多くの女性に支持されているようです。

今回は、そんな単身女性をターゲットにしたレディースパックでの引越しについて解説していきますね。


レディースパックのサービス詳細

一人暮らしの女性の引越しも、これまでは男性スタッフが引っ越し作業を行うのが一般的でした。

ですが、多くの女性たちは「男性には触ってほしくない荷物だってあるのに」「女性だけで引越し作業をしてくれるところはないの?」と思ってきたはずです。

そんな女性たちのニーズにこたえたのが、レディースパックと呼ばれる、女性スタッフのみの引越しサービスです。

最近はレディースプラン、女性専用、などさまざまな名称でレディースパックを導入している引越し業者も多くなってきており、その需要はのびていく一方です。

もっとも有名で代表的なのが、アート引越しセンターによるレディースパックですね。

一般的な引越しとは違って荷物の梱包はもちろん、搬出・搬入まで《すべての作業を女性スタッフのみで行う》ので、男性には触られたくない荷物、見られたくない荷物があっても安心です。

ただし、重量物や大型家具など女性スタッフだけでは搬出および搬入が困難な場合は、その部分に関しては男性スタッフが支援する事があります。

また、レディースパックでの引っ越し料金の相場は、およそ15.000円前後から35,000円前後となっており、距離やかかる時間によって異なります。

もちろん、繁忙期は通常より高くなる傾向にあります。

このように、通常の引越しとは違ってレディースパックは引越しに関するすべての作業を女性スタッフだけで行ってくれるので、一人暮らしの女性の引越しには最適なんですよ。

 

通常の引越しとの大きな違い

すべての作業が女性のみ

荷物の梱包、荷造り、搬出、輸送、搬入のすべての工程を、女性スタッフのみで行います。

これなら下着など男性には見られたくないもの、触られたくないものも任せて安心です。

 

重量物は男性が手伝う事も

すべての作業を女性のみで行うのが基本ですが、女性だけでは困難な重量物や大型家具などがある場合、その部分に関してのみ男性スタッフが手伝う事があります。

それ以外の作業は女性スタッフだけで行われます。

 

料金相場は高めになる場合も

レディースパックの料金相場は、一般的な引越しと比べて若干割高になる場合もあります。

女性スタッフのみによる引越し作業となりますので、男性スタッフによる作業と比べて時間がかかる場合が多く、そのため割高となっているようです。

とは言え、15,000円前後から35,000円前後なので、驚くほど割高ではないようです。

 

レディースパックを利用するデメリット

単身女性の引越しの味方、レディースパックはとても安心して引越しを業者に任せることができるので多くの女性たちから人気です。

でも、デメリットも存在しているので、それを理解した上で利用するようにしたいですよね。

 

料金が若干割高

通常の引越しとの違いでも触れましたが、料金が少し高めになる事はレディースパックのデメリットと言えます。

ですが、倍ほども違うというわけではないので「丁寧で安心な作業」を取るか「料金」を取るか…といった選択でしょう。

 

スピーディーではない場合も

女性ならではの細やかな気遣い、丁寧な作業、を売りにしているレディースパックなので、作業がスピーディーではない場合もあります。

しかしこれも、丁寧さゆえのことなので大目に見てあげるようにしましょう。

 

積み込みがうまくいかないことも

訓練はうけているはずですが、トラックへの積み込みがうまくいかない事もあります。

そのため時間をかけて積み直したり…という事も発生する可能性がゼロではありません。

 

レディースパックの大きなデメリットはこのようになりますが、それでも単身女性の引越しでは《安心》がもっとも重要なところですよね。

女性だからと軽く見られて手抜きをされたり、態度の悪い作業員が来て怖い思いをすることと比べたら、こうしたデメリットとされる部分もそれほどデメリットと感じないのかもしれませんよね。

 

レディースパックの見積もり・依頼方法

安心して引っ越したい単身女性のためのレディースパックは、取り扱う業者が増えてきたとは言え、まだまだすべての引越し業者が対応しているわけではありません。

そこで、レディースパックで引越しをしたい場合、女性専用の引越しプランがないかどうかをまず問い合わせてみてください。

もしあれば見積もりを依頼、ない場合でもできる限り女性で対応可能と言う業者もあるので相談してみると良いでしょう。

そういった形で訪問見積もりをしてもらい、すべて女性スタッフで完了可能かどうかを判断してもらいます。

大型家具など重量物があると、そこに関しては男性が入る旨の話がありますので、それが了承できれば見積もりとなるはずです。

できるだけ多くの引越し業者から見積もりを取って、対応がよさそうなところ、料金的に納得できるところを最終的に選ぶと良いですよ。

 



引越しを控えていて、まだ見積もりをとっていない、そこのあなた。引越しで損をしたくないですよね?

筆者は引越しする前に一括見積もりをしてみました。その結果にはおどろきました。

東京都内での近距離の引越しの見積もりだったのですが、最高値が53,000円で最低値が21,000円。

なんと32,000円もの差があったんです。

危うくボッタクリにあうところでした。

なので、あなたも損をしたくないなら、一括見積もりをしてみるといいでしょう。もちろん無料でできますし、最短1分で完了です。

詳しく知りたい方は下記リンクをご参照ください。

引越しで損をしないために一括見積もりをする

この記事を書いた人

越前さやか
今までの引越し回数12回の40代主婦。引越しのノウハウについては自信があります!今までの経験を駆使して、みなさんに役に立つ情報をお届けします。