引越しの時、荷物を一時保管してもらいたいけれど、料金とか荷物の扱い、出し入れの可否等、わからないことだらけでなんとなく躊躇してしまう…そんな人も多いですよね。

引越しのタイミングによっては一時預かりや一時保管が必要になる場合もあるので、安心して利用できるように、色々紹介してみますね。

引越し荷物の一時保管は引越しとは別契約

多くの引越し業者では、荷物の一時保管・一時預かりというサービスを展開しています。

これは、例えば自宅の建て替え・リフォームなどで短期間だけ自宅以外の場所に引越して暮らす場合や、退去と入居のタイミングが合わない場合などに利用される事が多いサービスで、基本的には日数や荷物の量に合わせた保管料が別途必要となる、引越しとは別契約の扱いです。

 

預かってもらえる期間や料金プラン

引越しに伴う荷物の一時保管・一時預かりサービスの費用は、引越し業者によって大きく異なります。

例えば引越しのサカイでは、新築・増築の場合に限定して荷物の一時保管・一時預かりサービスを実施しており、その他の理由による一時保管等は受け付けていません。

費用は荷物量、預かる期間によって異なるため、実際に荷物を見ながらの見積もりが必要となります。

一方アート引越センターでは引越しに伴う一時保管・一時預かりも実施しており、やはり荷物量と預かる期間によって保管料が異なるため実際に荷物量を見ながらの見積もりが必要です。

ただ、預かる日数が短く、荷物量も少ない場合には別途料金が発生しない場合もあるため、上手に利用すれば無料で済ませる事ができます。

このように、業者によって料金も違えば利用できる条件等も異なります。

いずれの場合も、実際に預ける事になる荷物の量と質、預ける日数を確認しながらの見積もりとなるので、営業マンに訪問してもらう必要があります。

質というのは、例えば骨董品などのような貴重品に値するようなものなど、特別な配慮が必要になるものを指します。

こうした品がある場合はそれだけ別料金になる場合や、預かりを断られる場合もあります。

一時保管・一時預かりを利用できる期間も、業者によって異なります。

例えば業界最大手と言われる日通では、自社管理のトランクルームを持っているため、1か月未満の短期から数か月単位などの長期まで幅広く対応可能としています。

また、規模はそれほど大きくない引越し業者などでも、自社所有のトランクルームへの預け入れなら1ヶ月ほど利用可能など、対応はさまざまです。

 

格安・無料で預かってくれる業者もある

引越し荷物の一時保管・一時預かりは引越し作業とは別に契約が必要となり、保管料がかかるのが一般的ですが、中には格安・無料でこのサービスを展開している所もあります。

 

・アート引越センター

預かり期間が短く、荷物量が少ない場合に限って追加料金不要としています。

 

・カルガモ引越センター

自社トランクルームへの預け入れで、1か月間無料で利用できます。

 

・エース引越センター

自宅の建て替えなどに限定していますが、半年間無料で荷物を預かってくれます。

 

・ムービングエス

軽トラック1台分の荷物まで・1週間までなら無料で一時保管してくれます。

 

・プロロ関東

引越し荷物を一時的に無料で保管してくれます。

量や日数の制限については問い合わせが必要です。

 

・ファミリー引越センター

期間や荷物量にもよりますが、2,000円前後/月からの料金で利用できます。

いずれも2016年3月現在の情報ですが、変更が生じる可能性もあるので事前に確認してみてくださいね。

 

一時保管って、荷物はどう扱われているの?

引越し荷物の一時保管・一時預かりの際、大切な荷物はどんなふうに扱われているか…とても気になる部分ですよね。

たいてい、一時保管・一時預かりの引越し荷物は「自社運営のトランクルーム・倉庫に保管」または「貸しコンテナに荷物を保管」される事がほとんどです。

例えば業界最大手の日通では、空調やセキュリティに関して徹底した管理が行われている大規模な自社トランクルームに荷物を保管するので荷物の状態が悪くなるなどの心配はいりません。

ただし、空調やセキュリティが強化されているため頻繁に荷物を出し入れする事はできないので、預けっぱなしにしておける物を選んで預ける必要があります。

自社トランクルームを持っていない業者の場合、貸しコンテナに荷物を保管する事が多いのですが、この場合は格安料金で済むことが多いです。

ただし、空調やセキュリティ面の管理は徹底されていない事が多いので、貴重品などは預けないようにした方が無難です。

建て替えや引越しのタイミングのずれなどから、荷物を一時的に預かってもらう必要がある…という人は意外に多いものですが、大切な荷物の預け先選びは、目先の料金だけでなく預けた荷物の安全面や管理にも注目して慎重に行いたいものですよね。

 



引越しを控えていて、まだ見積もりをとっていない、そこのあなた。引越しで損をしたくないですよね?

筆者は引越しする前に一括見積もりをしてみました。その結果にはおどろきました。

東京都内での近距離の引越しの見積もりだったのですが、最高値が53,000円で最低値が21,000円。

なんと32,000円もの差があったんです。

危うくボッタクリにあうところでした。

なので、あなたも損をしたくないなら、一括見積もりをしてみるといいでしょう。もちろん無料でできますし、最短1分で完了です。

詳しく知りたい方は下記リンクをご参照ください。

引越しで損をしないために一括見積もりをする

この記事を書いた人

越前さやか
今までの引越し回数12回の40代主婦。引越しのノウハウについては自信があります!今までの経験を駆使して、みなさんに役に立つ情報をお届けします。